• 暮らし・防災
  • 子育て
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • まち・環境
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ここから本文です。

更新日:2015年9月1日

今までの経緯

下表において、蓮田市総合文化会館は「文化会館」、蓮田市総合文化会館整備基本構想は「基本構想」、蓮田市総合文化会館建設計画懇話会は「懇話会」と呼びます。

経緯

年月

内容

平成17年9月

蓮田市市民意識調査において、具体的に取り組むべき施策(教育・文化行政)として「市民ホールや公民館などの文化施設の整備(47.4%)」がもっとも要望が多かった。

平成19年11月

蓮田市文化センターを作る会より、「早期に文化センター(市民ホール)建設の方向付けがなされるよう要望する」旨の要望書が提出された。

平成19年12月

蓮田市総合振興計画において、第二次、第三次に引き続き、第4次総合振興計画においても、「市民ホール等の整備推進」が位置づけられた。

平成20年2月

平成19年3月から庁内で組織された「市民ホール等整備検討プロジェクト会議」において、市民ホール等について検討がなされ、「蓮田市市民ホール等の整備に関する提言書」が提出され、総合市民体育館(パルシー)の敷地内及びその周辺を建設場所とする500席程度の固定席を有するホールが望ましい旨の提言が提出された。

平成22年11月

「市民文化活動等のための文化センターを早期に建設することに関する陳情書」(署名9558人)が提出された。

平成23年3月

3月議会において、「基本構想」作成に関する業務委託の予算が議決された。

平成23年10月

蓮田再生会議(子育て・教育部会)において、文化会館の建設計画について意見を伺った。また、以後の会議においても意見を伺った。

平成24年1月

市内の文化活動団体や学校などを対象に「文化会館」についてのアンケート調査を実施した。

平成24年3月

「文化会館」の整備について、施設整備のコンセプトや施設内容・規模等に関する検討を行い、その方向性を企画・提案することを目的として「基本構想」を作成した。

平成24年6月

6月議会において、「基本構想」を軸に事業を推進していくことについて行政報告を行った。

平成24年8月

9月議会において、「懇話会」を設置し、事業を推進していく旨の行政報告を行った。

平成24年9月

9月議会において、「文化会館」関係予算として、設計委託費、調査測量費などが議決された。

平成24年10月

10月15日付けで、教育委員会に「文化会館開設準備室」を設置した。

平成24年11月

文化会館建設計画について、広く意見を求め、使い易く市民に親しまれ愛される施設を建設するため、「懇話会」を設置し、委員25名を委嘱した。

平成24年12月

12月議会において、「(仮称)蓮田市総合文化会館の建設の再検討を求める請願」が不採択となった。

平成25年3月

平成24年12月、優れたアイデアと技術を有し、熱意をもって設計業務を担える設計者を選考するため、募集要項(公募プロポーザル)を公告し、一次審査及び二次審査を経て、最優秀提案者を(株)佐藤総合計画に決定した。

平成25年7月

設計の基礎的要件をまとめた「(仮称)蓮田市総合文化会館基本設計に係る設計条件について」が懇話会から報告された。

平成25年9月

懇話会からの報告(設計条件)を基に、文化会館の基本設計を策定した。

平成26年3月 要望書「市制40周年記念(仮称)蓮田市総合文化会館の早期建設について」が提出された。
平成26年3月

3月議会において、「(仮称)蓮田市総合文化会館の建設の再検討を求める請願」が不採択となった。

平成26年3月

3月3日付けで、「(仮称)蓮田市総合文化会館の建設の是非を問う住民投票条例」の制定請求が提出された。3月議会において、「(仮称)蓮田市総合文化会館建設の是非を問う住民投票条例」が否決となった。(詳しくはこちらをご覧ください。

平成26年10月

蓮田市総合文化会館建設工事の請負業者は、「建築・電気設備・舞台設備」が大成・岩崎特定建設工事共同企業体に、「機械設備」がヤマト・ハギワラ特定建設工事共同企業体に決定した。

お問い合わせ

所属課室:文化スポーツ課総合文化会館ハストピア

埼玉県蓮田市大字閏戸2343番地2

電話番号:048-768-4117