ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金の支給について(申請期間延長)

ここから本文です。

更新日:2022年9月30日

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金の支給について(申請期間延長)

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金を支給します

緊急小口資金等の特例貸付について、総合支援資金の再貸付を終了した世帯や貸付について不承認とされた世帯に対して「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金」(以下「自立支援金」とします。)を支給します。
※対象世帯には申請書類を送付します。

対象者

総合支援資金の特例貸付を利用したことがある世帯のうち、次のいずれかに該当し、かつ(1)から(3)のすべての要件を満たす方
・再貸付を借り終わった世帯や、令和4年3月末までに借り終わる世帯
・再貸付の申請が不承認となった世帯
・再貸付の相談をしたものの、申し込みに至らなかった世帯
※総合支援資金の再貸付の申請を行っていない場合は、この支援金の対象とはなりません。
※申請者は、世帯の生計を主に維持している方となります。
※生活保護受給中の世帯を除きます。
※職業訓練受講給付金との併給はできません。

(1)収入要件

申請月における世帯の収入が次の金額以下であること(月額)
単身世帯:115,000円 2人世帯:159,000円 3人世帯:188,000円 4人世帯:223,000円
5人以上世帯の方はお問合せください。

就労等の収入

給与収入の場合は、社会保険料等天引き前の総支給額(ただし、交通費は除きます)
自営業の場合は、事業収入(経費を差し引いた控除後の額)となります。
※毎月の収入額に変動がある場合には、収入の確定している直近3か月間又は直前の月の収入額から推計します。

公的給付等

雇用保険の失業等給付、児童扶養手当等の各種手当、公的年金など
※複数月分の金額が一括で支給される給付等については、月額で算定します。

借入金や退職金等は収入として算定しません。
※新型コロナウイルス感染症の感染拡大により臨時的に支給等されている給付金等は、収入として算定しません。

(2)資産要件

申請日における世帯員全員の資産の合計額が、次の金額以下であること

単身世帯:468,000円 2人世帯:690,000円 3人世帯:840,000円 4人以上世帯:1,000,000円

資産額は、預貯金及び現金の額です。(株式、投資信託、生命保険や個人年金保険等は含みません。)
※新型コロナウイルス感染症の感染拡大により臨時的に支給等されている給付金等は、資産に含みません。

(3)求職活動等要件

今後の生活の自立に向けて、どちらかの活動を行うこと
・ハローワーク等に求職の申込をして、誠実かつ熱心に求職活動を行うこと
・求職活動が困難な場合には、生活保護の申請を行うこと

支給額(月額)・支給期間・申請期限

支給額

単身世帯:60,000円 2人世帯:80,000円 3人以上世帯:100,000円

支給期間

申請月から3か月(再貸付の借入最終月に支援金の申請をされた場合は、申請月の翌月から3か月となります。)

申請期間

令和4年12月31日まで

申請期間が令和4年9月30日までとなっておりましたが、12月31日まで延長となります。

申請方法

郵送または窓口(予約制)にて提出
※郵送提出の方は、後日お電話にて面談させていただくことがあります。
※直接窓口で提出される方は、予約制となりますので事前にご連絡ください。予約なくお越しの場合、長時間お待ち頂く場合がありますのでご注意ください。

送付先

〒349-0193 蓮田市大字黒浜2799-1
蓮田市役所福祉課 生活困窮者自立支援金担当
048-768-3111(内線135)

埼玉県社会福祉協議会の再貸付を利用された方については、「公的給付の支給等の迅速かつ確実な実施ための預貯金口座の登録等に関する法律」に基づき、本市に情報提供を受けて、個別にお知らせを送付しています(申請書等の必要書類も同封しています。)。

お問い合わせ

所属課室:福祉課保護担当

埼玉県蓮田市大字黒浜2799番地1

電話番号:048-768-3111

内線:135