ホーム > 市政情報 > 市長の部屋 > 行政報告 > 令和2年3月定例会行政報告

ここから本文です。

更新日:2020年2月21日

令和2年3月定例会行政報告

定例記者会見で発表している内容を掲載しています。各項目の詳細については市議会会議録をご覧ください。

蓮田マラソンについて

昨年11月30日(土曜日)、第8回蓮田マラソンが黒浜公園を中心会場として開催されました。蓮田ランタイズが主催し、市内各種団体多数の協力のもと行われる一大イベントです。10キロメートル、3キロメートル、421.95メートルの3コースが設けられ、3,187人のランナーがエントリーしました。メイン会場では、プロの職人による「スイーツバトル」も同時開催されました。

映画「あの日のオルガン」に係る取り組みについて

映画「あの日のオルガン」は、昨年7月に総合文化会館ハストピアにて地方上映会が開催されました。6月から11月にかけては市内全小・中学校の児童・生徒を対象とした学校上映会、10月には人間総合科学大学の学園祭に合わせた上映会が行われました。

延べ約1万人の方々が鑑賞し、子どもの命や平和の尊さについて考える機会となりました。

職員による特殊詐欺被害防止集中啓発パトロールについて

昨年11月、市内で4件の特殊詐欺被害が発生したことを受け、12月2日(月曜日)から12月20日(金曜日)までの期間、市職員が青色防犯パトロール車等で市内を巡回し、被害防止活動を行いました。期間中は、延べ240人の職員が、広報配布の担当区割りを活用し、1地区あたり6回、計120回のパトロールを実施しました。

災害時応援協定の締結状況について

市では、災害発生時における各種応急復旧活動に関する人的・物的支援について、各種団体、企業等と積極的に災害協定の締結を推進しています。昨年11月から本年2月にかけ、新たに株式会社ベルク、株式会社ケーヨー、人間総合科学大学と協定を締結しました。

また、消防活動にかかる協定として、埼玉県解体業協会と「災害時における消防活動の協力に関する協定」を締結しました。

東日本大震災関連の取り組み状況について

2月1日現在、市内で8世帯25人が避難生活を余儀なくされています。避難者への支援策として、上下水道料金の全額免除または減免の措置を、本年4月から1年間延長することとしました。

大気中の放射線量については、平成24年9月以降、基準を超える新たな箇所は確認されていません。市内農産物、給食用食材及び市民向け食品の放射性物質検査についても、引き続き実施しており、いずれも放射性物質は検出されていません。

昨年12月19日付けで、東京電力ホールディングス株式会社に対し、平成30年度に実施した水道水中の放射性物質測定業務委託費など223,068円を請求し、そのうち129,600円を2月12日に受領しました。また、1月15日付けで、平成30年度に要した給食用食材の検査等の費用、職員が実施する放射線量測定に係る人件費など1,363,797円を請求しました。これまでの請求総額は25,846,340円、現在までの受領総額は7,776,704円になります。

休日における市役所窓口の一部開庁について

市民サービスの向上と、転入・転出などの住民異動が集中する年度末・年度始めの窓口の混雑緩和のため、3月20日(金・祝)、28日(土曜日)、29日(日曜日)、4月4日(土曜日)の4日間、市役所窓口の一部開庁を実施します。取り扱う業務は、転入、転出、転居などの異動届出の受付、各種証明書の交付等です。

オリジナルエンディングノートについて

市では今年度、蓮田市エンディングノート検討委員会を設置し、蓮田市オリジナルのエンディングノートを作成しました。令和2年度から、出前講座や説明会において順次配布します。

県道蓮田杉戸線の新道建設に伴う覚書の締結について

1月24日(金曜日)に、県道蓮田杉戸線の黒浜バイパス建設に伴う、現道等の引継ぎに関する覚書を埼玉県と締結しました。黒浜バイパスの早期完成に向け、積極的に取り組んでまいります。

蓮田スマートインターチェンジ(フル化)の進捗状況について

令和元年9月20日付けで、蓮田スマートインターチェンジのフルインター化の連結許可を受け、事業化が決定しました。現在、蓮田スマートインターチェンジフル化の建設事業の着手にあたり、東日本高速道路株式会社及び埼玉県と蓮田市の間で、基本協定書等の締結に向け、協議を行っています。

今後も、東日本高速道路株式会社、埼玉県と連携し、高速道路へのアクセス強化、地域住民の利便性の向上、地域経済の活性化などが図れるよう早期完成を目指してまいります。

高虫西部地区産業団地整備事業の進捗状況について

高虫西部地区土地区画整理事業に係る業務代行予定者について、高虫西部地区土地区画整理組合設立準備会と協同で選定審査を行った結果、エム・ケー株式会社を業務代行予定者として決定しました。今後、3月14日(土曜日)に開催される準備会総会での報告を経て、3月18日(水曜日)に事業推進に関する覚書を締結する予定です。

また、埼玉県環境影響評価条例に基づく調査計画書については、関係8市町での縦覧と説明会が終了しました。今後、県の環境影響評価技術審議会小委員会による審査を踏まえ、今年度中に調査項目等を選定する予定です。

蓮田市建築物耐震改修促進計画の進捗状況について

市では、平成22年に策定した蓮田市建築物耐震改修促進計画に基づき、市が所有する床面積200平方メートル以上の建築物88棟のうち、耐震性のない40棟の耐震改修工事を順次進めてきました。本年3月末に完了予定のシルバー人材センター事務所等新築工事をもって、目標としていた耐震化工事はすべて完了します。

蓮田駅西口再開発事業の進捗状況について

再開発ビル建設は、特定建築者である東急不動産株式会社から施工を請け負った株式会社長谷工コーポレーションにより順調に進んでいます。工事完成は本年10月末の予定で、現在、建物14階部分の工事を行っているところです。

マンションの販売については、168戸すべて契約完売したとのことです。

令和2年成人式について

1月12日(日曜日)、総合文化会館ハストピアで成人式を開催しました。14人の実行委員が中心となり準備を進めました。当日の出席者数は417人で、出席率は70.1パーセントでした。

国指定史跡黒浜貝塚第5期整備事業について

黒浜貝塚第5期整備事業を3月25日完了の予定で進めています。工事内容は、トイレの建設、園路砕石舗装、蔓(つる)棚・ベンチ・案内表示板の設置、植栽工事等です。業務委託では、AR・VRコンテンツの作成、それに伴う空中写真撮影・3次元データの作成等を実施しています。3月29日(日曜日)には、市民を対象とした工事及びVRの見学会を予定しています。

総合文化会館ハストピア「どきどきアート空間2020」について

1月25日(土曜日)及び26日(日曜日)に、総合文化会館ハストピアで、ハストピア・アートプロジェクト「どきどきアート空間2020~こどもから大人まで~」を開催しました。11名の作家の作品展のほか、お話しや朗読会、コンサート、映画会、参加体験型の講座や展示などを行いました。2日間で約2,000人の方々が来館されました。

2019年中の火災概況及び救急・救助の活動状況について

2019年中に発生した火災件数は16件、損害額は34,072,000円で、前年と比較して4件の増加、32,948,000円の増額でした。救急出場件数は3,077件、救急搬送人員は2,788人で、前年と比較して13件、33人の減少でした。

救急支援出動件数は608件で、前年と比較して1件の減少でした。救助出動件数は46件、救助人員は19人で、前年と比較して6件の増加、7人の減少となりました。

令和2年消防出初式について

1月11日(土曜日)、のくぼ通りで消防出初式を実施しました。当日は車両行進、消防団によるポンプ車操法、くす玉開披、消防ソーランのほか、今回が初めてとなる女性消防団員及び女性消防職員による軽可搬ポンプ操法を行いました。消防車両展示コーナーでは、多くの家族連れの方々が参加され記念撮影を行いました。

消防団家族慰安会について

3月7日(土曜日)、総合文化会館ハストピアで、消防団家族慰安会を開催します。消防団のご家族に日頃の感謝の意を表すとともに、更なる防災意識の高揚と消防団活動への理解を深めていただく事を目的に開催しています。当日は、式典後にどきどきホールで「新沼謙治コンサート」をご鑑賞いただきます。

各部の主な事業の進捗状況について

【総合政策部】

  • マスコットキャラクター「はすぴぃ」への年賀状について

【総務部】

  • 令和元年台風19号に伴う職員の派遣について
  • 平和の映画上映会について
  • 管理職職員による一斉臨宅納付勧奨について

【環境経済部】

  • プレミアム付商品券事業の進捗状況について

【健康福祉部】

  • シルバー人材センター事務所の移転について

【学校教育部】

  • 小中学校新教育課程における生き方教育の取り組みについて

【生涯学習部】

  • 子育てガイドブック2020の発行について
  • 新設保育園の整備状況について

【消防本部】

  • 救命行為技能者の養成について

 

 

お問い合わせ

所属課室:秘書課秘書担当

埼玉県蓮田市大字黒浜2799番地1

電話番号:048-768-3111

内線:282