ホーム > 市政情報 > 市長の部屋 > 行政報告 > 令和3年3月定例会行政報告

ここから本文です。

更新日:2021年2月26日

令和3年3月定例会行政報告

定例記者会見で発表している内容です。各項目の詳細については市議会会議録をご覧ください。

新型コロナウイルス感染症対策関係について

1月7日(木曜日)に発令された国の緊急事態宣言は、当初は2月7日(日曜日)までの期間とされていましたが、3月7日(日曜日)まで延長されました。新規感染者数は減少傾向にありながらも未だ高い水準で、医療体制はひっ迫しています。感染拡大のリスクは継続している状況にあります。昨年2月に設置した「蓮田市新型コロナウイルス感染症対策本部会議」も、2月16日(火曜日)現在、回を重ねること54回となりました。引き続き、この対策本部会議を中心に、庁内の連携を強化し、感染拡大防止と経済活動の支援の両面からの対策を総合的に推進してまいります。各部における取り組みの概要については、別紙配布資料のとおりです。

蓮田市定員適正化計画(第4次)の策定について

令和3年4月1日から令和7年4月1日までの5年間を計画期間とした第4次蓮田市定員適正化計画を策定しました。計画期間満了時の職員数は495人です。令和2年4月1日現在の479人と比較すると3.3%の増となります。第4次計画では、国の進める地方創生の趣旨にのっとり、少子高齢化に的確に対応するとともに、蓮田駅西口行政センターの開設による市民サービスの充実を図るなど、蓮田市総合振興計画等に掲げる施策を着実に推進するため、適正な職員体制の維持・整備を目的として策定したものです。

東日本大震災関連の取り組み状況について

2月1日現在、市内で9世帯28人が避難生活を余儀なくされています。避難者への支援策として、上下水道料金の全額免除または減免を実施中です。
大気中の放射線量については、平成24年9月以降、基準を超える箇所は確認されていません。また、市内農産物、給食食材及び市民向け食品の放射性物質検査についても、引き続き実施していますが、いずれも放射性物質は検出されていません。
東京電力ホールディングス株式会社に対しては、令和元年度に実施した水道水や給食用食材の放射線検査費、放射線量測定に係る人件費など1,539,782円を請求しました。これまでの請求総額は27,386,122円、現在までの受領総額は7,908,704円となっています。

市役所窓口の土曜日・日曜日の一部開庁について

市民サービスの向上と、転入・転出などの住民異動が集中する年度末の窓口の混雑緩和のため、3月20日(土曜日・祝日)・27日(土曜日)・28日(日曜日)の3日間、市役所窓口を一部開庁します。取り扱う業務は、転入・転出・転居などの異動届出の受付、各種証明書の交付等です。なお4月以降は、土曜日・日曜日のいずれも、蓮田駅西口行政センターの利用が可能となります。

蓮田ブランドキャッチコピーについて

蓮田ブランド推進協議会では、蓮田市の魅力を一言で表現する「キャッチコピー」の企画・募集を行いました。市内小・中学校にもご協力いただき、1,506件の応募がありました。蓮田ブランド推進協議会委員の審査により、最優秀作品の「とかいなかNO.1」が、蓮田市キャッチコピーに決定しました。今後は、様々な機会を捉えてキャッチコピーを活用して蓮田市のPRを行ってまいります。

第3次障がい者基本計画、第6期障がい福祉計画、第2期障がい児福祉計画の策定等について

第3次障がい者基本計画、第5期障がい福祉計画、第1期障がい児福祉計画からなる「かがやきはすだプラン」は平成30年3月に策定されています。このたび、この中の、障がい福祉計画、障がい児福祉計画の計画期間が令和3年3月に満了となります。そこで、第3次障がい者基本計画を見直し、第6期障がい福祉計画及び第2期障がい児福祉計画を策定しました。今後は、この計画に基づき、障がい者施策の推進に努めてまいります。

高齢者福祉計画2021・第8期介護保険事業計画の策定について

老人福祉法第20条の8に定める老人福祉計画と、介護保険法第117条に定める介護保険事業計画を一体的に策定すべく、高齢者福祉計画2021・第8期介護保険事業計画の策定に取り組んでいます。計画期間は、令和3年度からの3年間で、2月18日(木曜日)に蓮田市高齢者福祉計画等策定委員会の答申をいただく予定です。

地域包括支援センターの増設及び運営事業者の選定について

高齢者等の総合的な支援を行う地域包括支援センターを、令和3年4月から蓮田駅西口行政センター内に増設します。黒浜、蓮田、閏戸・平野の3つの日常生活圏域ごとに設置することで、支援体制の充実を図ります。このうち、蓮田圏域と閏戸・平野圏域については委託により運営することとしました。公募選定の結果、蓮田圏域は社会福祉法人元気村、閏戸・平野圏域は社会福祉法人吉祥福寿会を運営事業者として選定しました。

蓮田スマートインターチェンジ(フル化)の進捗状況について

蓮田サービスエリアに接続するスマートインターチェンジのフルインター化(大型車対応)については、現在、埼玉県と誘導標識設置の協議を進めています。上り線(黒浜川島地内)については、東日本高速道路株式会社から、工事業者の選定を進めているとの報告を受けています。今後も、東日本高速道路株式会社や埼玉県と連携し、フルインター化の整備の早期完成を目指してまいります。

高虫西部地区産業団地整備事業の進捗状況について

蓮田都市計画事業(仮称)高虫西部土地区画整理事業の埼玉県環境影響評価に係る現地調査の実施は、令和3年3月から令和4年2月までを予定しています。今後も、組合設立準備会及び業務代行予定者と緊密に連携し、産業団地の早期整備・完成を目指して事業を推進してまいります。

蓮田市空き家バンクの設置について

12月28日(月曜日)、蓮田市空き家バンク設置要綱を制定しました。また、1月27日(水曜日)には、公益社団法人埼玉県宅地建物取引業協会埼葛支部と「蓮田市空き家バンク媒介等に関する協定」を締結しました。今後は、空き家バンクを多くの方にご活用いただけるよう、市ホームページ、広報はすだ、リーフレット等により周知に努め、設置目的実現のために取り組んでまいります。

蓮田駅西口再開発事業の状況について

蓮田駅西口再開発ビル「プレックス蓮田」内のマンションの入居が、1月26日(火曜日)から始まりました。店舗については、コンビニエンスストアが1月27日(水曜日)から営業を始めています。民間保育所については、4月からの開園に向け、内装工事が進められています。診療所については、事業者を募集中とのことです。

蓮田駅西口行政センターの開設について

4月2日(金曜日)から蓮田駅西口行政センターの業務を開始します。センター内には、行政サービスコーナーのほか、地域包括支援センター、子育てサポートコーナー、会議室やクッキングルーム等の貸出施設などがあります。業務開始にあたり、3月28日(日曜日)に蓮田駅西口行政センター開設記念式典を行う予定です。

子育てサポートコーナー「プレックス・キッズ」の開設について

蓮田駅西口行政センター内に、子育てサポートコーナー「プレックス・キッズ」を開設します。「子育てひろば・プレックス」と「一時預かり・プレックス」の運営は、株式会社アンフィニが受託事業者として決定しました。蓮田駅西口子育て世代包括支援センター、はすだファミリー・サポート・センター、子育てコンシェルジュの事業は、市が運営します。いずれのサービスも4月2日(金曜日)から始まります。只今は、業務開始に向けて準備を進めています。

保育園及び認定こども園の整備について

蓮田駅西口再開発ビル「プレックス蓮田」1階テナントスペースでは、株式会社スクルドアンドカンパニーが、令和3年4月開園予定の小規模保育事業施設「(仮称)スクルドエンジェル保育園蓮田駅前園」の整備を進めています。また、社会福祉法人希空は、閏戸地内で運営する花星保育園の認定こども園への移行を進めています。市では、安心して子どもを産み、育てられる環境づくりの推進のため、これら民間事業者による施設整備について支援を行っています。

令和3年成人式について

1月10日(日曜日)、総合文化会館ハストピアにおいて令和3年成人式を開催しました。新型コロナウイルス感染症対策のため、中学校区ごと3回に分けて式典を行いました。29人の実行委員が中心となり、準備を進めてまいりました。出席した新成人は375人、参加率は63.8%です。

国指定史跡黒浜貝塚第6期整備事業について

工事については、園路の一部について、ウッドチップによる舗装を実施し、令和3年1月に完成しました。また、ARアプリケーションの作成も進めており、令和3年3月中に完成予定です。

令和2年中の火災概況及び救急・救助の活動状況について

令和2年中に発生した火災件数は10件、損害額は2,537千円で、前年と比較して6件、31,535千円の減少でした。救急出場件数は2,682件、救急搬送人員は2,329人で、いずれも、前年と比較して394件、459人の減少でした。救急支援出動件数は488件で、前年と比較して120件の減少でした。救助出動件数は55件、救助人員は24人で、いずれも、前年と比較して9件、4人の増加となりました。

令和3年消防出初式について

1月9日(土曜日)、蓮田市役所南側駐車場において令和3年消防出初式を実施しました。新型コロナウイルス感染症が拡大している状況に鑑み、大幅に規模を縮小し、無線運用訓練等を実施しました。

各部の主な事業の進捗状況について

【総合政策部】

  • マスコットキャラクター「はすぴぃ」への年賀状について

今年の「はすぴぃ」宛ての年賀状は、北は北海道から南は九州まで、各地から151通が届きました。それぞれに手書きのメッセージを添えて返事を送りました。今後も、マスコットキャラクター「はすぴぃ」を活用して、蓮田市を全国にPRしてまいります。

  • 2月13日(土曜日)に発生した地震について

2月13日(土曜日)午後11時8分頃、福島県沖を震源とするマグニチュード7.3と推定される地震が発生しました。福島県及び宮城県では最大震度6強、蓮田市では震度3を記録しました。市では、直ちに、総合政策部・都市整備部・消防本部の職員が参集し、市内パトロールや情報収集を実施しました。主要な道路や橋の被害、電力・鉄道など、ライフラインの状況について現地確認等を行った結果、市内での被害は特に認められませんでした。今後も、余震等が発生する可能性があるため、引き続き関係機関との連携に努めてまいります。

【総務部】

  • 平和の映画会「あの日のオルガン」の上映について

12月12日(土曜日)、総合文化会館ハストピアどきどきホールにおいて、新型コロナウイルス感染症拡大防止の対策を講じて、平和の映画会を開催しました。上映作品は、蓮田市に実在した疎開保育園が舞台の映画「あの日のオルガン」です。約160人の方々にご来場いただきました。

【環境経済部】

  • 環境学習館用地取得について

環境学習館は埼玉県緑のトラスト11号地からも近く、市内はもとより、県内各地から大勢の方々が訪れ、これからますます活用が期待される施設であると考えています。今後、コミュニティ施設の要素を備えた新たな複合施設として整備を行う計画です。このたび3筆3,344.77平方メートルの用地を1月12日(火曜日)に取得しました。

  • 山ノ神沼私有地の用地取得状況について

蓮田市の貴重な財産である山ノ神沼周辺の自然環境を維持するために、沼北西部の用地3筆8,600.37平方メートルの土地売買に関する仮契約を、1月20日(水曜日)に締結しました。今後も本契約に向かって、諸準備を進めてまいります。

  • ドライブインシアターIN HASUDA CITYについて

12月20日(日曜日)、総合市民体育館パルシー南側の駐車場において、一般社団法人蓮田青年会議所主催による「ドライブインシアターIN HASUDA CITY」が開催されました。新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、市内のさまざまなイベントが中止になる中、市内商工業者の販売支援と子ども達への楽しみの提供を目的として実施されたものです。当日は、事前抽選により約70台の車が来場し、駐車場に設置された大型スクリーンで、映画「怪盗グルーのミニオン大脱走」を鑑賞されました。また、市内の飲食店が、事前予約の形で商品の販売も行いました。

【健康福祉部】

  • 介護予防のDVDと冊子の作成について

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、集団で実施する介護予防教室の開催が困難な中、高齢者の筋力・体力や認知機能の低下や、要介護状態となることを危惧し、介護予防のDVDと冊子を作成しました。高齢者が自宅で介護予防に取り組むための参考となるよう、介護予防体操を収めた2枚組のDVD500セット及びフレイル予防のための情報冊子3,000冊を作成したものです。3月からの配布を予定しています。

【学校教育部】

  • 黒浜中学校大規模改修事業の進捗状況について

黒浜中学校中央校舎の工事が完成し、1月22日(金曜日)に学校へ引き渡しを行いました。主な工事内容は、各教室のリニューアル、コンクリートの中性化対策、外壁補修、屋上防水、給排水および電気設備等、ライフラインの整備です。現在は、中央校舎を工事するために使用していた仮設渡り廊下の撤去をすると共に、東校舎の工事を実施するため、仮囲い等の設置を進めています。

【生涯学習部】

  • こども医療費18歳まで対象拡大開始について

保護者の負担軽減を図るため、こども医療費の助成対象を18歳まで拡大しました。こども医療費助成の対象は、これまで入院・通院ともに、満15歳に達する日以後の最初の3月31日までにある者となっていましたが、満18歳に達する日以後の最初の3月31日までにある者へ拡大しました。令和3年1月1日診療分から開始しています。また、これに併せて、受給資格証をカード形式の大きさに変更しました。

【消防本部】

  • 1月20日(水曜日)に発生した建物火災について

1月20日(水曜日)未明に発生した住宅火災では、敷地内の住宅2棟、倉庫1棟が全焼、その他の建物4棟が焼損し、住宅に住む1名が行方不明となりました。蓮田市消防本部は、消防団と近隣消防相互応援協定に基づき出動した、さいたま市消防局、上尾市消防本部、伊奈町消防本部と連携し、消防車両16台、消防職員68名、消防団員56名で、大風と寒さの中、朝まで長時間にわたり懸命な人命救助活動および消火活動を行いました。この火災では行方不明になられた方の尊い命が失われました。謹んでお悔やみ申し上げます。今後も、消防団や近隣消防本部と連携を図り、被害の軽減に努めてまいります。

お問い合わせ

所属課室:秘書課秘書担当

埼玉県蓮田市大字黒浜2799番地1

電話番号:048-768-3111

内線:282