ホーム > 暮らし・防災 > 防災 > 災害時情報提供 > 光化学スモッグについて

ここから本文です。

更新日:2022年5月30日

光化学スモッグについて

光化学スモッグとは、自動車や工場から排出される窒素酸化物と炭化水素が、太陽からの強い紫外線を受けると光化学オキシダントを発生させます。この光化学オキシダントの濃度が高くなると、のどが痛くなったり、目がチカチカします。このことを光化学スモッグといいます。

光化学スモッグの発生する条件

光化学スモッグは、晴れて日差しが強く、気温が25度以上で、風の弱い日に発生しやすくなります。

光化学スモッグ注意報・警報について(蓮田市は県北東部に該当します。)

埼玉県では、県内各地に測定局を設置し発生状況を監視しています。(蓮田市では、蓮田中央小学校防災倉庫隣にあります。)測定局での光化学オキシダントの濃度の値が各市町村に送られてきます。ここである一定の濃度(下記の表のとおり)になると、光化学スモッグ注意報や警報などが発令されます。

光化学スモッグ注意報・警報発令後の連絡について

市では、注意報や警報を防災行政無線を通じて、皆さんにお知らせするとともに、各小中学校、各保育園、学童保育所、私立保育園へも連絡しております。

発令の基準

光化学スモッグ注意報

光化学オキシダント濃度が0.12ppm以上

光化学スモッグ警報

光化学オキシダント濃度が0.20ppm以上

光化学スモッグ重大緊急報

光化学オキシダント濃度が0.40ppm以上

ppmは100万分の1の単位。パーセントに換算すると0.0001%

光化学スモッグ注意報が発令されたら

  • 屋外での激しい運動は避ける。
  • 目やのどなどに痛み等を感じたらすぐ屋内に入る。
  • 乳幼児、高齢者、体の弱い方は特に影響を受けやすいので注意してください。

こんな症状がでたら

  • 目がチカチカしたり痛いときは、目を洗いましょう。
  • のどの痛みを感じたら、うがいをしましょう。
  • 目を洗っても、うがいをしても良くならないときは、医師の診断を受けましょう。

お問い合わせ

所属課室:危機管理課危機管理調整担当

埼玉県蓮田市大字黒浜2799番地1

電話番号:048-768-3111

内線:297