ホーム > 暮らし・防災 > 防災 > 防災に関する予防・啓発 > 大地震のあとの暮らしに備える

ここから本文です。

更新日:2019年12月3日

大地震のあとの暮らしに備える

水(飲料水、生活用水)

水(飲料水、生活用水)

食料

食料

非常用持出袋

非常用持出袋

蓮田市でも、防災備蓄倉庫(JPG:27KB)等にそれぞれ備蓄していますが、大震災直後の混乱の中では輸送、供給等に影響が出る可能性があります。

過去の例からも支援物資等が皆様に行き渡るまでの、3日間分の食料や水を備蓄しておきましょう。

飲料水の備えの目安としては、1人1日3リットルと言われますが、赤ちゃんや病人がおられるご家庭では十分な量の備蓄をしましょう。

また、すぐに避難が必要な場合に備えて、非常持ち出し用品をリュック等にまとめて持ち出しやすい場所に保管しておくと安心です。

お問い合わせ

所属課室:危機管理課危機管理調整担当

埼玉県蓮田市大字黒浜2799番地1

電話番号:048-768-3111

内線:297