ホーム > 市政情報 > 広聴 > 市政への提案 > 「市長への手紙」の公表(令和3年9月16日~令和3年10月15日受付分)

ここから本文です。

更新日:2021年12月10日

「市長への手紙」の公表(令和3年9月16日~令和3年10月15日受付分)

(件名)違法駐車について

受付日

令和3年10月11日

手紙の内容

綾瀬川河川敷の西新宿から西城地区において自然災害時に利用できるような表示がある場所に毎日のように駐車をしている車が多数見受けられます。
公道ではないので、駐車違反ではないかもしれませんが、蓮田市の所有地に駐車しているのは、不法侵入ではありませんか。
他のみなさんは自宅の駐車場や有料駐車場に駐車をされています。
それを無料で他人の土地に駐車をされているのは、疑問および不公平に感じます。
蓮田市としてはどのようにお考えでしょうか?

差出人

藤田伸一

手紙に対する回答

時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
この度は「市長への手紙」をお寄せいただきありがとうございました。

ご指摘の元荒川河川敷につきましては、国土交通省(国)が所有する土地となっており、埼玉県杉戸県土整備事務所(県)が管理しています。
西新宿及び西城地区につきましては、過去に大雨等に伴う浸水被害があったことから、河川管理者である埼玉県杉戸県土整備事務所に、冠水や浸水の恐れがある場合には周辺住民の自家用車を一時避難できるようお願いしています。また、通常時はこの場所へ駐車をすることのないよう注意を促すため、周知の看板を設置しています。
管理者である埼玉県杉戸県土整備事務所に駐車の状況をお伝えし、対応を協議してまいりたいと考えています。

なお、今後とも市民参加の市政運営に心がけて参りますので、ご意見がございましたらご遠慮なくお寄せいただき、市政推進のため一層のご協力をお願い申し上げます。

担当

都市整備部道路課管理担当、総合政策部危機管理課危機管理調整担当

(件名)給付金について

受付日

令和3年10月13日

手紙の内容

前略
市長様、以前政府が出して頂いた1人10万円の給付金を再検当して頂けませんかね?

差出人

毛塚浩行

手紙に対する回答

時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
この度は「市長への手紙」をお寄せいただきありがとうございました。

「給付金」についてお答えいたします。

「特別定額給付金」は、市の単独事業ではなく、「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」としての国の政策です。令和2年4月27日において蓮田市の住民基本台帳に記録されている方を対象に1人につき10万円を給付いたしました。実施に要する経費については、すべて国からの補助金を活用しております。
現時点における再給付については、市独自の事業として実施することは難しいと考えておりますが、国の動向を注視してまいります。今後、住民からの要望があることは機会を捉えて、国・県等に伝えていきたいと思います。

なお、今後とも市民参加の市政運営に心がけて参りますので、ご意見がございましたらご遠慮なくお寄せいただき、市政推進のため一層のご協力をお願い申し上げます。

担当

総合政策部政策調整課政策調整担当

(件名)GO TOの件について

受付日

令和3年10月13日

手紙の内容

市長さん、政府はGoToトラベル、GoToイートしかやってませんねもっとありとあらゆるGoToをして経済を活生化して下さい。GoToファッション、GoToマイカー、GoTobook、GoToミュージックGoToマイハウスなど。

差出人

毛塚浩行

手紙に対する回答

時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
この度は「市長への手紙」をお寄せいただきありがとうございました。

「Go Toの件」についてお答えいたします。
「Go To」の事業は、コロナ禍における経済活性化を目的とする国や県の事業です。現時点で「Go To トラベル」キャンペーンの再開時期は未定ですが、埼玉県における「Go To Eat」キャンペーンにつきましては、令和3年10月25日から発行済みの食事券の利用が再開されます。また、食事券の新規販売は、令和3年11月4日からWEB予約の受付が再開されます。
また、市における経済政策としては、新型コロナウイルス感染症拡大により影響を受けている市内事業者への支援及び地域経済の活性化を目的として、令和3年10月18日から令和3年11月12日まで「蓮田市プレミアム付商品券」(プレミアム率:25%)の購入申込をしております。申込多数の場合は抽選になっておりますが、上限の20,000円分購入していただいた場合、25,000円分の利用が可能となります。
白岡市商工会、蓮田市商工会との合同事業では、「白岡・蓮田合同街バルパスポート2021」を10月1日から31日までの期間で実施しております。この事業は、事前にバルパスポートを購入していただき、指定の飲食店で提示していただくと、料金の割引等のサービスが受けられる内容となっております。また、パスポートについているスタンプラリーに参加していただくと、抽選で両市いずれかの特産品がプレゼントされます。
今回お寄せいただいたご意見の通り、経済の活性化は非常に重要だと考えておりますので、今後も国や県、蓮田市商工会等と連携し、蓮田市の経済活性化と発展に努めてまいります。
なお、今後とも市民参加の市政運営に心がけて参りますので、ご意見がございましたらご遠慮なくお寄せいただき、市政推進のため一層のご協力をお願い申し上げます。

担当

総合政策部政策調整課政策調整担当

お問い合わせ

所属課室:広報広聴課広報広聴担当

埼玉県蓮田市大字黒浜2799番地1

電話番号:048-768-3111

内線:209