ホーム > 市政情報 > 広聴 > 市政への提案 > 「市長への手紙」の公表(令和元年9月16日~令和元年10月15日受付分)

ここから本文です。

更新日:2019年11月15日

「市長への手紙」の公表(令和元年9月16日~令和元年10月15日受付分)

(件名)高虫産業団地整備に、土地区画整理法は使えません

受付日

令和元年9月17日

手紙の内容

土地区画整理法(以下法と言う)第1条に、「健全な市街地の造成」となってます。高虫産業団地整備は、市街地造成では有りません。法に違反します。

差出人

樫井靖臣

手紙に対する回答

時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
この度は「市長への手紙」をお寄せいただきありがとうございました。
令和元年9月17日にいただきました「産業団地整備に土地区画整理法は使えません。」について、以下のとおり回答させていただきます。
まず、土地区画整理法第1条では、「…健全な市街地の造成を図り、もつて公共の福祉の増進に資することを目的とする。」とあります。
また、国土交通省都市局市街地整備課のホームページ等によると、土地区画整理事業とは、「…既成市街地の整備・改善、スプロール市街地の解消、郊外部における住宅地や産業・物流拠点の整備など、様々な場面で活用できる柔軟な制度。」とあり、土地区画整理事業の特徴の一つとして、「既成市街地から新市街地までの多様な地域で、多様な目的に対応した市街地整備が可能。…」とのことであります。
よって、新市街地の造成を目的として産業団地を土地区画整理事業で基盤整備することは可能と解釈しております。
なお、今後とも市民参加の市政運営に心がけて参りますので、ご意見がございましたらご遠慮なくお寄せいただき、市政推進のため一層のご協力をお願い申しあげます。
※国土交通省HP(参考URL)
https://www.mlit.go.jp/toshi/city/sigaiti/toshi_urbanmainte_tk_000069.html

担当

都市整備部産業団地整備課産業団地整備担当

お問い合わせ

所属課室:広報広聴課広報広聴担当

埼玉県蓮田市大字黒浜2799番地1

電話番号:048-768-3111

内線:209