• 暮らし・防災
  • 子育て
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • まち・環境
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 新生児聴覚スクリーニング検査について

ここから本文です。

更新日:2017年12月25日

新生児聴覚スクリーニング検査について

新生児聴覚スクリーニング検査とは

新生児聴覚スクリーニング検査とは、生まれてまもない赤ちゃんを対象に行う耳のきこえの検査です。赤ちゃんが眠っている状態で、小さい音を聞かせ、その際脳幹からでる反応や耳の中から反響してくる音を検査機器が測定し、耳のきこえが正常かどうかを判定する検査です。短時間で安全に行える検査で、赤ちゃんは何の痛みも感じません。検査は出産後、産科医療機関の入院中などに行われることが多いです。

なぜ検査をしたほうが良いのか

生まれつき、きこえにくく、適切な支援が必要な赤ちゃんは、1,000人のうち1~2人言われています。聞こえにくさを早期に発見し、適切な指導を受けることで、赤ちゃんのことばの発達と心の成長を促すことができます。

詳しくは埼玉県のホームページやリーフレットをご覧ください。

 


 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:子ども支援課子どもの健康担当

埼玉県蓮田市大字黒浜2799番地1

電話番号:048-768-3111

内線:151