ホーム > 市政情報 > 広報 > 広報はすだ > 広報はすだテキスト版 > 広報はすだテキスト版(2017年6月号) > 広報はすだ2017年6月号・情報ページ[お知らせ]

ここから本文です。

更新日:2017年6月14日

広報はすだ2017年6月号・情報ページ[お知らせ]

全国一斉緊急地震速報訓練放送と身を守る行動訓練

防災行政無線で、緊急地震速報の訓練放送を実施します。放送とともに、身をかがめるなどの行動訓練(シェイクアウト訓練)を試みてください。

日時

平成29年7月5日(水曜日)午前10時15分

問合せ

危機管理課危機管理調整担当(電話)048-768-3111(内線)297

児童手当・特例給付の現況届の提出をお忘れなく!

受給者のかたは現況届を6月末までに必ず提出してください。なお、出生や転入等で新たに受給資格が生じた場合は、お住まいの市区町村(公務員のかたは勤務先)で手続きが必要です。

問合せ

子ども支援課児童福祉担当(電話)048-768-3111(内線)413

本人通知制度を実施しています

本人の代理人や本人以外の第三者の請求に基づいて住民票の写しや戸籍謄本などを交付した場合に、本人へ通知する制度があります。利用には事前登録が必要です。また、住所等が変更になった場合は、登録変更届が必要です。

登録できるかた

蓮田市の住民基本台帳または戸籍に記録されているかた(除かれたかたを含む)

登録方法

本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード等)を持参し市民課へ

問合せ

市民課戸籍担当(電話)048-768-3111(内線)116

交通事故被害者のご家族への援護金

埼玉県交通安全対策協議会では、平成28年4月1日以降に交通遺児等となった県内在住のかたを対象に、援護一時金を給付しています。交通遺児等とは、交通事故(陸海空全てが対象)により死亡または重い障がいを負った保護者に養育されている平成11年4月2日以降に生まれた乳幼児・児童・生徒です。

給付月

平成29年11月または平成30年5月

給付額

子ども1人につき10万円

申込み

給付月の3か月前までに、申請書(市自治振興課・福祉課・保育課・学校教育課、学校等で入手)をみずほ信託銀行浦和支店[〒330-0063、さいたま市浦和区高砂2-6-18]に郵送または持参

問合せ

県防犯・交通安全課(電話)048-830-2958

叙勲〔敬称略・50音順〕

瑞宝小綬章

三角正和

瑞宝双光章

有泉久敬、篠﨑正夫、髙橋五郎

瑞宝単光章

松武盛、湯瀬静枝

はすだFutureプロジェクト1周年記念イベント

問合せ

はすだFutureプロジェクト事務局(商工課商工観光担当)(電話)048-768-3111(内線)236

ロケ地巡りサイクリング2017

日時

平成29年6月25日(日曜日)午前9時30分~正午

内容

蓮田PR映画「蓮田の田んぼで踊りましょう」をはじめとした市内及び近隣での撮影作品のロケ地を巡るサイクリング

定員

30人(申込み順)

費用

3000円

申込み

平成29年6月23日(金曜日)までに、はすだFutureプロジェクトホームページ(http://hasuda-future.com/)から

多様な生き方について考える

日時

平成29年6月28日(水曜日)

  1. 午前11時~正午
  2. 午後7時~9時

場所

ハストピア(総合文化会館)

内容

  1. 親子向けワークショップ「絵本と歌で考えよう!多様な性と生き方」
  2. 市民向けワークショップ「蓮田市ネット炎上トラブルについて考える~その経緯とこれから~」

講師

河野陽介さん(LGBTアクティビスト)

定員

各50人(申込み順)

申込み

平成29年6月27日(火曜日)までに、はすだFutureプロジェクトホームページ(http://hasuda-future.com/)から

農用地区域からの除外申し出を受付

農業振興地域内の農用地区域内に分家住宅、店舗、農業用施設等を計画しているかたは、農用地区域からの除外を申し出てください。除外には申し出から約1年かかります。

期間

平成29年7月10日(月曜日)~21日(金曜日)

申込み・問合せ

農政課農産担当(電話)048-768-3111(内線)232

黄色の年金請求書が届いたかたは手続きが必要です

8月から、年金を受給するために必要な資格期間が10年となります。資格期間が10年以上あるかたには、黄色の年金請求書をお送りしています。届いたかたは事前に電話予約の上、春日部年金事務所で手続きしてください。

予約電話番号

0570-05-1165

問合せ

春日部年金事務所(電話)048-737-7112

後期高齢者医療保険料の軽減率が変わります

平成29年度から、所得金額が58万円以下のかたの所得割額は、2割軽減となります。また、後期高齢者医療保険に加入される前日に、家族の健康保険などで被扶養者であったかたの均等割額は、7割軽減となります。

※詳細は、7月中旬に送付される保険料額決定通知書及び保険料のしおりをご覧ください。

問合せ

国保年金課高齢者医療担当(電話)048-768-3111(内線)112

全国一斉「子どもの人権110番」強化週間

子どもたちからの相談を通常の受付時間を延長して受け付けます。

日時

平成29年6月26日(月曜日)~7月2日(日曜日)、午前8時30分~午後7時(7月1日(土曜日)・2日(日曜日)は午前10時~午後5時)

相談電話番号

0120-007-110

問合せ

さいたま地方法務局(電話)048-859-3507

木造住宅耐震診断・耐震改修の補助制度

既存木造住宅の耐震化を推進するため、耐震診断・耐震改修の費用の一部を補助します。2階建て以下の木造一戸建て住宅(併用住宅も可)で、昭和56年5月31日以前の旧耐震基準で建築されたものが対象です。無料の簡易耐震診断もありますのでお気軽にご相談ください。

問合せ

建築指導課建築指導担当(電話)048-768-3111(内線)266

多子世帯による住宅取得やリフォームに補助金を交付します

県は多子世帯を対象に、住宅取得やリフォームの諸経費の補助を行っています。詳細は、県ホームページ(http://www.pref.saitama.lg.jp/a1107/tashisetai.html)をご覧ください。

申込み・問合せ

県住宅課(電話)048-830-5563

節電にご協力ください無理なく節電しましょう

市では、10月31日まで次の節電対策に取り組みます。

目標

公共施設全体で、平成22年同期対比15%以上の使用電力の削減を図る

  • 空調…設定温度28度を徹底。天候、気温、室内温度により冷房設備の稼働時間を短縮。カーテン、ブラインド等を活用。
  • 照明…業務及び会議に支障のない範囲で照明を削減。
  • その他…クールビズの実施。ノー残業デー等の徹底。パソコン等事務機器の節電。

問合せ

庶務課管財担当(電話)048-768-3111(内線)294

6月20日~7月19日は薬物乱用「ダメ。ゼッタイ。」普及運動期間です

麻薬・覚醒剤・大麻・危険ドラッグなどの薬物乱用は、個人の問題にとどまらず、社会全体に危害をもたらします。絶対に手を出さないでください。

問合せ

幸手保健所(電話)0480-42-1101

6月は食育月間です

日頃の食生活を見直し、家族や身近なかたといっしょに「食」について考えてみませんか。心身の健康を維持し、いきいきとした暮らしが送れるように、栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。

問合せ

健康増進課健康増進担当(電話)048-768-3111(内線)142

とねっと「かかりつけ医カード」をご利用ください

「とねっと」は、利根保健医療圏内(蓮田市、行田市、加須市、羽生市、久喜市、幸手市、白岡市、宮代町、杉戸町の区域)の医療機関等が診療情報を共有するシステムです。圏内にお住まいのかたは、かかりつけ医カードを取得すれば、どなたでも利用できます。

申込み・問合せ

運転免許証または保険証を持参し、健康増進課管理担当(電話)048-768-3111(内線)141へ

熱中症を予防しましょう

熱中症予防5つのポイント

  • 室内でも熱中症になることがあります。上手にエアコンを使いましょう。
  • 急に暑くなる日は、早めに涼しいところへ避難しましょう。
  • こまめに水分を補給しましょう。塩分もいっしょに取ると効果的です。
  • めまい、頭痛、吐き気、倦怠感がある場合は、医療機関に相談しましょう。
  • 周りのかたの体調にも気を配りましょう。

問合せ

健康増進課管理担当(電話)048-768-3111(内線)141

蚊が媒介するデング熱やジカウイルス感染症などを予防しましょう

蚊は小さな水たまりでも発生します。日頃から住まいの周囲の水たまりをなくすようにしましょう。蚊が多くいる場所で活動する場合は、できるだけ肌を露出しないようにして、虫よけ剤などを使用しましょう。

問合せ

県保健医療政策課(電話)048-830-3557、県生活衛生課(電話)048-830-3606

人権それは愛~部落差別解消法をご存知ですか~

「部落差別の解消の推進に関する法律(部落差別解消法)」が、平成28年12月16日に施行されました。この法律は、現在もなお部落差別が存在するとともに、情報化の進展に伴って部落差別に関する状況の変化が生じていることを踏まえ、部落差別は許されないものであるとの認識の下に、部落差別の解消を推進し、部落差別のない社会を実現することを目的としています。

近年、インターネット等の普及により情報の発信や取得が容易となる中、部落差別につながる情報がインターネット上に流れるなど、新たな問題が発生しています。部落差別解消法では、国と地方公共団体は部落差別の解消に関し、適切な役割分担を踏まえて連携を図りつつ、地域の実情に応じた施策を講ずることが責務として記されています。更に部落差別に関する相談体制の充実を図り、部落差別を解消するための教育及び啓発を行うよう努め、実態調査を行うものとしています。

全ての国民が、等しく基本的人権を享有するかけがえのない個人として尊重され、部落差別のない社会を実現するために、よりいっそう充実した取組みを推進していきますので、皆様のご理解をお願いします。

問合せ

社会教育課生涯教育担当(電話)048-768-3111(内線)176、庶務課人権担当(電話)048-768-3111(内線)296

工事に伴い道路幅員が減少します

中央保育園の改築工事期間中、保育園東側の遊歩道の一部が狭くなります。ご理解とご協力をお願いします。

期間

平成29年6月下旬~平成30年2月末

問合せ

建築指導課営繕担当(電話)048-768-3111(内線)270、子ども支援課企画担当(電話)048-768-3111(内線)154

平成28年度情報公開・個人情報保護制度の運用状況

情報公開請求の状況(実施機関別処理件数)

実施機関

件数

決定内容

開示

部分開示

不開示

市長

15

7

8

0

教育委員会

3

2

1

0

選挙管理委員会

1

0

1

0

固定資産評価審査委員会

0

0

0

0

公平委員会

0

0

0

0

監査委員

0

0

0

0

農業委員会

0

0

0

0

水道事業

5

3

2

0

消防庁

1

0

1

0

議会

0

0

0

0

合計

25

12

13

0

個人情報の開示等請求の状況

自己に関する個人情報についての開示等の請求は、開示請求が10件(市長宛て7件、消防長宛て3件)あり、2件を開示、6件を部分開示、2件を不開示としました。

問合せ

庶務課庶務法規担当(電話)048-768-3111(内線)210

はすだ市民まつり参加者募集(雨天決行)

平成29年8月19日(土曜日)、のくぼ通りではすだ市民まつりを開催します。祭りを多くのかたに楽しんでいただくため、次の催しの参加者(団体)を募集します。

  • 蓮田おどり・蓮田音頭ヤングバージョン
  • 市民参加イベント・テント村

申込み・問合せ

平成29年7月7日(金曜日)までに、はすだ観光協会事務局(商工課商工観光担当)(電話)048-768-3111(内線)235

サマージャンボ宝くじ・サマージャンボミニ・サマージャンボプチ

発売期間

平成29年7月18日(火曜日)~平成29年8月10日(木曜日)

この宝くじの収益金は市町村の明るく住みよいまちづくりに使われます。

問合せ

(公財)埼玉県市町村振興協会(電話)048-822-5004、市財政課財政担当(電話)048-768-3111(内線)206

お問い合わせ

所属課室:広報広聴課広報広聴担当

埼玉県蓮田市大字黒浜2799番地1

電話番号:048-768-3111

内線:215