ホーム > 市政情報 > 広報 > 広報はすだ > 広報はすだテキスト版 > 広報はすだテキスト版(2017年8月号) > 広報はすだ2017年8月号・情報ページ[お知らせ]

ここから本文です。

更新日:2017年8月10日

広報はすだ2017年8月号・情報ページ[お知らせ]

平成29年7月5日からの大雨災害義援金(九州北部地方)を受け付けています

市では、公共施設に募金箱を設置して義援金を受け付けています。寄せられた義援金は、日本赤十字社埼玉県支部を通じて被災地に送金します。

場所

市役所(総合案内・福祉課)、中央公民館、勤労青少年ホーム、駅西口連絡所、図書館、パルシー、コミュニティセンター、農業者トレーニングセンター

※口座振込みをご希望の場合は、日本赤十字社埼玉県支部のホームページ(http://www.jrc.or.jp/contribute/help/2975/)をご覧ください。

問合せ

福祉課社会福祉担当(電話)048-768-3111(内線)135

就業構造基本調査にご協力ください

市では、法律に基づき、就業構造基本調査を実施します。8月下旬から、対象世帯に調査員が伺います。

問合せ

政策調整課政策調整担当(電話)048-768-3111(内線)228

健康実態調査にご協力ください

健康はすだ21(第2次)の中間評価・蓮田市食育推進計画策定のために、市内在住の20歳以上のかたのうち、2000人を対象に調査を実施します。調査票は9月下旬に発送します。

問合せ

健康増進課健康増進担当(電話)048-768-3111(内線)142

農業委員・農地利用最適化推進委員

農業委員と農地利用最適化推進委員が決まりました。任期は平成32年7月19日までです。

農業委員

岩﨑久、門井隆、齋藤重信、齋藤博司、篠﨑邦明、杉﨑國昭、髙橋建一、竹内昭一、竹内幸男、寺田進、野口勇、萩原和夫、原田順一、吉岡政広[敬称略・50音順]

農地利用最適化推進委員

石井正孝、澁谷秀男、常見淳、山口惠司、山口実、山本寿一[敬称略・50音順]

問合せ

農業委員会事務局(電話)048-768-3111(内線)234

重い障がいで常時介護が必要なかたに手当を支給しています

障害児福祉手当

対象

重度の障がいにより、日常生活で常時特別な介護を必要とする20歳未満で、おおむね次に該当するかた。

  • 1.身体障害者手帳1級、2級の一部のかた
  • 2.療育手帳Aのかた
  • 3.精神障がい、血液疾患、肝臓疾患等で1・2と同程度の状態にあるかた

支給額

1万4580円(月額)

※所得または年金の受給、施設の入所による支給制限があります。

特別障害者手当

対象

重度の障がいにより、日常生活で常時特別な介護を必要とする20歳以上で、おおむね次に該当するかた。

  • 1.身体障害者手帳1級、2級の一部または知的障がい者最重度で障がいが重複しているかた
  • 2.精神障がい者で最重度のかた
  • 3.一つの障がいであっても1と同程度の状態にあるかた

支給額

2万6810円(月額)

※所得または施設の入所や入院による支給制限があります。

申請・問合せ

福祉課障害福祉担当(電話)048-768-3111(内線)139

児童扶養手当の現況届の提出をお忘れなく

現況届の受付が始まっています。児童扶養手当を継続して受給するために、必ず提出してください。

受付期間

平成29年8月31日(木曜日)まで

問合せ

子ども支援課児童福祉担当(電話)048-768-3111(内線)413

蓮田スマートICフルインター化へ前進

7月21日、国土交通省は、蓮田スマートインターチェンジ(IC)のフルインター化について、都市内交通状況の改善等の効果が期待されるとして、準備段階調査を実施することを発表しました。市はこれまで、国土交通省に蓮田スマートICのフルインター化に関する要望書を提出し、土屋品子衆議院議員同席の下、中野和信市長が大野泰正国土交通大臣政務官と意見交換をするなど、フルインター化に向けた取組みを進めてきました。

今後は、蓮田スマートICの位置・構造や周辺道路の整備計画等の概略検討に取り組みます。

問合せ

都市計画課交通道路政策担当(電話)048-768-3111(内線)253

平成30年度小・中学校の選択校就学申請

小・中学校の通学区域の一部に、通学する学校を選択できる弾力的な通学区域を設けています。

対象となるかたには既にお知らせしています。なお、8月下旬までに選択校の受入れ可能人数を決定します。

申込み・問合せ

平成29年9月1日(金曜日)~29日(金曜日)に、選択校就学申請書(学校教育課で入手)を学校教育課学務担当(電話)048-768-3111(内線)166へ

木造住宅耐震診断・耐震改修の補助制度

既存木造住宅の耐震化を推進するため、耐震診断・耐震改修の費用の一部を補助します。2階建て以下の木造一戸建て住宅(併用住宅も可)で、昭和56年5月31日以前の旧耐震基準で建築されたものが対象です。無料の簡易耐震診断もあります。

問合せ

建築指導課建築指導担当(電話)048-768-3111(内線)266

計量器(はかり)の定期検査(集合検査)

日時

平成29年9月4日(月曜日)・5日(火曜日)、午前10時~午後3時(正午~午後1時は除く)

場所

市役所駐車場

対象

取引きや証明に使用する計量器で、ひょう量250kg以下の機械式はかり

※検査手数料は、器種・大きさによって異なります。

問合せ

計量検定所(電話)048-652-2171、市商工課商工観光担当(電話)048-768-3111(内線)236

排水設備工事責任技術者共通試験

受験資格

次のいずれかに該当するかた。

  • 1.高等学校の土木工学科またはこれに相当する課程を修了して卒業したかた
  • 2.高等学校を卒業し、排水設備工事等の設計または施工に関し、1年以上の実務経験を有するかた
  • 3.排水設備工事等の設計または施工に関し、2年以上の実務経験を有するかた
  • 4.1~3に準ずるかた

試験日

平成29年11月26日(日曜日)

場所

埼玉工業大学[深谷市]

受付期間

平成29年8月21日(月曜日)~9月29日(金曜日)

受験料

1万円

※受験案内は平成29年8月21日(月曜日)から、市下水道課(市浄水場内)で配布。

問合せ

下水道課施設担当(電話)048-768-1111

浄化槽の法定検査はお済みですか

浄化槽からの放流水の水質が適正なものであるかを確認するため、年1回の検査が法律で定められています。検査がお済みでない場合は、必ず検査をしてください。

申込み

(一社)埼玉県浄化槽協会(電話)048-501-5707

問合せ

下水道課管理担当(電話)048-768-1111

平和の標語書道展

今年は、1633点の応募がありました。優秀賞・特別賞に選ばれたかたは次のとおりです。

優秀賞

井奥徠耀、井奥彩耀、伊籘理緒菜、江見大輝、梶萌々花、桑名里虹、髙井莉音、富田華、増田華、三好海斗[敬称略・50音順]

特別賞

黒部涼花、小島菫、長﨑志織、中村友香、宮之原葵[敬称略・50音順]

問合せ

庶務課人権担当(電話)048-768-3111(内線)219

正しく着用しましょうチャイルドシート・シートベルト

8月は、チャイルドシートとシートベルトの着用促進月間です。後部座席でも、しっかりベルトを着用しましょう。子どもを乗せるときは、必ずチャイルドシートを使用し、なるべく後部座席に乗せましょう。

問合せ

自治振興課交通安全担当(電話)048-768-3111(内線)244

熱中症を予防しましょう

高齢者や持病のあるかたは、暑さで徐々に体力が低下し、室内でも熱中症になることがあります。上手にエアコンを使いましょう。長時間暑い環境にいるときは、こまめに水分と塩分を補給しましょう。めまい、頭痛、吐き気、倦怠感など、体調に異変を感じたら、涼しいところに避難して、医療機関に相談しましょう。また、周りのかたの体調にも気を配りましょう。

問合せ

健康増進課管理担当(電話)048-768-3111(内線)141

9月9日は救急の日です

救急の日は、救急業務や救急医療に対する正しい理解と認識を深めることを目的として定められました。救急車の適正利用にご理解とご協力をお願いします。

問合せ

健康増進課管理担当(電話)048-768-3111(内線)141

9月10日~16日は自殺予防週間です

日本では、毎年およそ3万人が自殺によって亡くなっています。「疲れた」「眠れない」がうつ病のサインです。家族や仲間の変化に気を配り、悩みを抱えている人が発する周りへのサインになるべく早く気づきましょう。治療の第一歩は相談機関・医療機関の専門家への相談から始まります。一人で悩まずに、専門家へ相談するように促しましょう。

問合せ

健康増進課健康増進担当(電話)048-768-3111(内線)143

野外焼却は禁止されています

廃棄物を野外で焼却することは、たき火などの軽微な焼却や農業者の稲わらの焼却などの一部を除き、法律で禁止されています。また、規制の枠内であっても、近隣に住宅がある場合は迷惑となりますのでじゅうぶんに注意してください。

問合せ

みどり環境課環境担当(電話)048-768-3111(内線)224

「いつでも、どこでも炊出訓練応援隊」をご活用ください

ライフラインが寸断されたときに想定される、避難所等でのLPガスを使った炊出しに備えて、訓練を行うことができます。詳細は、県ホームページ(http://www.pref.saitama.lg.jp/a0403/takidashi/index.html)をご覧ください。

申込み・問合せ

県化学保安課(電話)048-830-8439、LPガスの提供…県LPガス協会南彩支部(電話)0480-85-0175、精米の提供…JA南彩(電話)0480-85-7331、訓練の助言・指導…NPO法人キャンパー(電話)048-557-3266

人権それは愛~インターネットと人権~

インターネットには、ウェブサイトの掲示板やSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)など、コミュニケーションの輪を広げる便利な機能があります。こうした機能は、パソコンや携帯電話などを通じて簡単に利用できるようになり、日常生活の中で身近なものとなりました。一方で、情報を匿名で発信できるため、心ない書き込みから人権侵害につながる問題が数多く発生しています。その事例として、特定の子どもに対する個人情報や悪口、嫌がらせなどを書き込む「ネットいじめ」が挙げられます。直接的ないじめとは異なり、「ネットいじめ」では、個人情報などが本人の知らないところで不特定多数の人たちの目にさらされるため、突然周りとの人間関係がおかしくなってしまい、不登校や引きこもりとなることが少なくありません。中には思い悩んだ末に自殺に至った例もあります。

このように、インターネットは、人権侵害の手段として誰もが簡単に加害者にも被害者にもなるという危うい一面があります。一度掲示板などに書き込むと、発信者の意図にかかわらず、その内容は瞬く間に広まり、完全に消すことは容易ではありません。インターネットの特性を踏まえた上で、人権について理解を深め、利用者がルールとモラルを守り、責任を持って行動することがたいせつではないでしょうか。

埼玉県では、「すべての県民がお互いの人権を尊重しながら共に生きる社会」の実現に向けて、「人権尊重社会をめざす県民運動」を展開しています。8月は「人権尊重社会をめざす県民運動強調月間」です。

問合せ

社会教育課生涯教育担当(電話)048-768-3111(内線)176、庶務課人権担当(電話)048-768-3111(内線)296

はすだFutureプロジェクトが贈る「ふるさとがえり」上映会

岐阜県恵那市が舞台の全国1300回上映を達成した話題作です。

日時

平成29年9月10日(日曜日)午後2時~5時、開場午後1時45分

場所

図書館

定員

80人(当日先着順)

費用

500円

問合せ

はすだFutureプロジェクト事務局(商工課商工観光担当)(電話)048-768-3111(内線)236

お問い合わせ

所属課室:広報広聴課広報広聴担当

埼玉県蓮田市大字黒浜2799番地1

電話番号:048-768-3111

内線:215