• 暮らし・防災
  • 子育て
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • まち・環境
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 市政情報 > 広報 > 広報はすだ > 広報はすだテキスト版 > 広報はすだテキスト版(2018年2月号) > 広報はすだ2018年2月号・特集(生活習慣病予防)

ここから本文です。

更新日:2018年2月14日

広報はすだ2018年2月号・特集(生活習慣病予防)

2月は生活習慣病予防月間です。生活習慣病は日々の取組みで予防・改善できます。いつまでも健康でいるために今からできることを始めてみましょう。

問合せ

健康増進課健康増進担当(電話)048-768-3111(内線)142

健康を脅かす生活習慣病

偏った食事、運動不足、過度の飲酒、喫煙といった生活習慣の積み重ねにより発症する病気が生活習慣病です。生活習慣病には、高脂血症、高血圧症、糖尿病などがあり、これらは自覚症状がないまま、がんや心疾患、脳血管疾患といった命に関わる病気の発症につながることがあります。このような病気にならないために、生活習慣を改善していくことが重要です。

自分の体を知る

生活習慣病を予防するためには、体の健康状態を調べる健康診断や特定健診を受診して、自分の体を知ることから始めましょう。

特に生活習慣病予防として受診したいものが40~74歳のかたを対象とした特定健診です。特定健診とは、生活習慣病発症の危険性が高いメタボリックシンドロームを予防・改善するための健康診査です。内臓脂肪に着目し、血糖や脂質などを調べる検査項目があります。受診の結果から生活習慣の改善が必要と診断されたかたには、保健師、管理栄養士などの、健康づくりの専門家が健康状態やリスクに応じた指導を行います。

指導の対象にならなかったかたも加齢や生活習慣の変化によって、生活習慣病を発症することがあります。特に高血圧や脂質異常の症状は、体に異変が出にくく、ふだんの生活の中では気づかない可能性があります。今、体の不調を感じていないかたも、年に一度は健康診査を受診して自分の体の状態を把握しましょう。

健康はすだ・いきいき10か条

市では健康づくりを進めるために、蓮田市健康づくり推進協議会、健康づくり推進員と協力して健康はすだ21を策定しました。この計画では、健康寿命を伸ばすことを目標に、健康はすだいきいき10か条などの、健康的な生活を送るアドバイスやポイントを取りまとめています。

生活習慣病にならないためには、よりよい生活習慣を身につけることが重要です。誰でもできる健康づくりの方法を、蓮田市オリジナルの10か条で紹介します。

第1条・1日プラス野菜料理

1日に今より1皿多く野菜料理を食べましょう

野菜から先に食べましょう

第2条・心がけようプラス10分

1日に今より10分多く体を動かしましょう

第3条・心と体の休養で楽しみを見つけよう

睡眠で休養をじゅうぶんに取りましょう

趣味や楽しみで気分転換をしましょう

第4条・食べたらはみがき、鏡でチェック自分の歯

半年に1回歯科健診を受けましょう

第5条・吸わないたばこ貯めよう健康

吸ったつもりでたばこ代を貯金しましょう

第6条・休肝日をつくり、適正飲酒で楽しもう

1日ビールなら500ml、日本酒なら1合までにしましょう

第7条・素材の味で楽しもう

減塩を心がけましょう

食塩は1日8g以下を目指しましょう

第8条・年に1度は健診を受けよう

特定健診、がん検診を受けましょう

第9条・食べて、動いて標準体重

身長(m)×身長(m)×22kgを目指しましょう

第10条・人と人とのつながりで楽しみを増やそう

地域の行事やイベントに参加しましょう

世代を超えての交流をしましょう

今を変えて、新しい健康生活を

健診から生活習慣の改善へ

市では、健康相談を実施しています。健康相談では、保健師や看護師、栄養士による個別相談や体脂肪測定、血管年齢測定などの健康チェックの他、健診結果の見方の説明を行っています。また、10人以上の団体を対象に、市内の依頼された場所に出張する、出前健康相談も実施しています。

特定健診や健康診断を受けて検査値に異常が見つかった場合に、何からすればいいのか分からないというかたは、このような相談を利用してください。個々の体に合った食事や運動、お勧めの教室なども紹介しています。健診結果を生活習慣の改善に役立てましょう。

健康の基本は食から

防に大きく関わっています。特に不足しがちな野菜を取り入れながら、一日の適切なカロリーと塩分量を意識したバランスのよい3回の食事を取ることがポイントです。食生活の改善といっても、厳しい食事制限が必要となるわけではありません。一人一人の健康状態に合わせて、無理のない範囲で継続していきましょう。

市は、食への意識を高めるための調理実習や研修会を開催しています。中でも、食生活改善推進員協議会と協力して開催している男性のための料理教室は、メタボリックシンドロームになりやすい男性を対象とすることで、ふだん料理をしない人も気軽に参加できて、健康的な食事について学べる内容になっています。

男性のための料理教室を修了したかたが、自主的に立ち上げた「男厨楽の会」は、定期的に調理実習を行い、生活習慣病予防の食生活を実践しています。「料理の作り方が分からない」「一人ではなかなか続かない」というかたも、こうした会に参加することで、コミュニケーションを楽しみながら食生活を変えていくこともできます。

お問い合わせ

所属課室:広報広聴課広報広聴担当

埼玉県蓮田市大字黒浜2799番地1

電話番号:048-768-3111

内線:215