ホーム > 市政情報 > 広報 > 広報はすだ > 広報はすだテキスト版 > 広報はすだテキスト版(2018年5月号) > 広報はすだ2018年5月号・特集(地域とつながる子育て)

ここから本文です。

更新日:2018年5月14日

広報はすだ2018年5月号・特集(地域とつながる子育て)

子育てをしているかたを支援する取組みを紹介します。

問合せ

子ども支援課子どもの健康担当(電話)048-768-3111(内線)151、保育課保育担当(電話)048-768-3111(内線)163

子育て環境の変化

かつて日本では3世代同居型の家族構成が多く、親以外の大人が子どもに接することができる環境での子育てが中心となっていました。地域の人々とのつながりも現代より密接で、地域全体で子育てを支える仕組みがありました。しかし、近年では核家族化が進み、平成27年の国勢調査では、核家族の世帯数が10年間で142万7000世帯も増加していることが明らかになっています。これに加え、地域のつながりの希薄化も進み、子育てを助けてくれる人や悩みを相談できる人がいないなど、親が不安を抱えたまま育児をしている状況が増え、子育ての負担増加が問題となっています。

また、少子化も進行したことで、若い世代の多くが生活の中で乳幼児と接したり、幼い弟妹の面倒を見たりする機会が少ないまま親となる人が増えています。子育てをしていても親として子どもにどのように接したらよいのか分からず、悩みや不安を抱える親が増加するといった「子育ての孤立化」も問題視されています。

みんなで子育て応援

誰もが安心して子育てができる環境を作るため、市は妊娠から出産、子育てまでの切れ目のない支援を行い、子育てをするかたを地域全体で支えるさまざまな取組みをしています。より身近できめ細かい支援を目指し、妊娠中や出産後に役立つ知識などを学ぶ両親学級の開催や、地域子育て支援拠点の整備、母子愛育会やNPO法人との連携などを行っています。出産前には両親学級、子育て中には地域子育て支援拠点などを利用することで、子育て中の友達を作ったり、育児の相談や情報交換をしたりすることができます。初めて利用するかたには、施設の職員等が必要に応じて自己紹介の場を設けるなどのサポートをします。

子育ては親だけがするものではありません。悩みや不安を独りで抱え込まずに、子どもの成長に合わせた支援や、地域子育て支援拠点をはじめとした交流の場を利用して、みんなで楽しく子育てをしていきませんか。

気軽に相談してください

市では、地域子育て支援拠点での育児相談や市役所での家庭児童相談、保健センターでの乳幼児相談を行っています。子育てに不安を感じたり、自分自身のことで心配なことがあったら、どんな小さなことでも気軽に相談してください。

お父さんお母さんになる前に子供支援課保健師

産前産後はホルモンバランスが大きく変化し、お母さんの心と体にはさまざまな変化が訪れます。気持ちの揺れが激しくなったり、母乳が出るようになったりするのもホルモンの働きです。この変化に心と体がついていけないと、ストレスを感じてしまうことがあります。

ストレスの感じ方は、人によってさまざまです。独りで抱え込まず、周りの人に頼りましょう。特にお父さんは、変化に揺れるお母さんに寄り添ってあげてください。変化を感じた時には、お母さんの話を受け止め、声を掛けてあげましょう。

両親学級は、妊産婦の皆さんの健康についてだけでなく、さまざまな体験を通してご夫婦で理解を深められる機会になります。多くのかたのご参加をお待ちしています。

子育てを応援する地域の取組み

地域全体で子育てを支援するさまざまな取組みを紹介します。

お母さんの気持ちに寄り添います。家庭訪問型子育て支援ホームスタート

NPO法人ファイブ・ピースが運営するホームスタートは、6歳未満の子どもがいる家庭に、子育て経験者のホームビジターが訪問します。ベビーシッターやヘルパーのような育児や家事の代行ではなく、いっしょに育児をしたり、公園や病院、子育て支援拠点などに出かけたりする家庭訪問型の子育て支援です。子育て支援拠点などを利用したくても一人では行きづらいと感じているかたが地域へ踏み出し、人々と交流するきっかけを作る応援をします。

安心できるホームスタートの仕組み

  • 利用家庭とホームビジターのマッチングなどを行うオーガナイザーといっしょに各家庭の状況に合った活動内容を決めるので、利用者に合ったサポートを受けられます。
  • ホームビジターは、8日間の養成講座を受けています。プライバシーに関する情報は慎重に扱われ、秘密は厳守されます。
  • ホームビジターは1回2時間程度の訪問を4回行います。
  • ホームスタートは無料で利用できます。

申込み・問合せ

電話またはファックスで申込書(保育課で入手)をNPO法人ファイブ・ピース(電話・FAX)048-768-3609へ

広がるママ友の輪蓮田市母子愛育会

蓮田市母子愛育会は、妊娠中のかたや就学前の子どもを持つお母さんが中心となって活動しているボランティア団体です。さまざまな催しは、お母さんや子どもが友達を作るきっかけになっています。

また、市役所に妊娠の届出を提出した際に、同意をいただいたかたの家庭に訪問しています。訪問は市から委嘱された子育て中のお母さんが行い、子育てについてのアドバイスや子ども支援課への相談案内などを行っています。市内在住の妊娠中のかたや就学前の子どもを持つお母さんなら、どなたでも会員になれますので、興味のあるかたは、子ども支援課までご連絡ください。

問合せ

子ども支援課子どもの健康担当(電話)048-768-3111(内線)151

お問い合わせ

所属課室:広報広聴課広報広聴担当

埼玉県蓮田市大字黒浜2799番地1

電話番号:048-768-3111

内線:215