ホーム > 市政情報 > 広報 > 広報はすだ > 広報はすだテキスト版 > 広報はすだテキスト版(2018年6月号) > 広報はすだ2018年6月号・情報ページ[お知らせ]

ここから本文です。

更新日:2018年6月14日

広報はすだ2018年6月号・情報ページ[お知らせ]

全国一斉緊急地震速報訓練放送と身を守る行動訓練

防災行政無線で、緊急地震速報の訓練放送を実施します。放送とともに、身をかがめるなどの行動訓練(シェイクアウト訓練)を試みてください。

日時

平成30年7月5日(木曜日)午前10時

問合せ

危機管理課危機管理調整担当(電話)048-768-3111(内線)297

児童手当・特例給付の現況届の提出をお忘れなく!

受給者のかたは現況届を6月末までに必ず提出してください。なお、出生や転入等で新たに受給資格が生じた場合は、お住まいの市区町村(公務員のかたは勤務先)で手続きが必要です。

問合せ

子ども支援課児童福祉担当(電話)048-768-3111(内線)153

国民健康保険制度の高額療養費の多数回該当が引き継がれます

高額療養費の支給が過去12か月以内に4回以上ある場合に、自己負担限度額が引き下げられる制度について、平成30年4月以降、県内での転居であり世帯の継続性が保たれていれば、該当回数が引き継がれるようになりました。

問合せ

国保年金課国民健康保険担当(電話)048-768-3111(内線)108

農用地区域からの除外申し出を受付

農業振興地域内の農用地区域内に分家住宅、店舗、農業用施設等を計画しているかたは、農用地区域からの除外を申し出てください。除外には申し出から約1年かかります。

期間

平成30年7月17日(火曜日)~27日(金曜日)

申込み

農政課農産担当(電話)048-768-3111(内線)232

公共下水道への接続をお願いします

公共下水道が整備された地域では、排水設備を設置して下水道へ接続することが法律で定められています。工事は市の指定工事店へ依頼してください。市では、平成30年7月から公共下水道へ未接続のかたを対象に案内を発送しますので、ご協力をお願いします。

問合せ

下水道課管理担当(電話)048-768-1111(内線)470

叙勲[敬称略・50音順]

瑞宝小綬章

淺見英夫、小林滋

旭日双光章

飯野健三

後期高齢者医療保険の保険料が変わります

埼玉県後期高齢者医療広域連合は2年ごとに保険料の見直しを行っています。平成30・31年度の保険料率等が次のとおり決定しました。納入通知書は7月中旬に発送予定です。

後期高齢者医療保険改正表

 

均等割額

所得割額

賦課限度額

改正後

4万1700円

7.86%

62万円

改正前

4万2070円

8.34%

57万円

保険料の計算方法

年間の保険料(10円未満切り捨て)=均等割額+所得割額(賦課のもととなる所得金額×所得割率)

※賦課のもととなる所得金額とは、前年の総所得金額及び山林所得金額並びに株式・土地・建物等の譲渡所得金額等の合計額から基礎控除額(33万円)を控除した額。

保険料の軽減

均等割額の軽減

後期高齢者医療保険均等割額の軽減表

世帯内の被保険者と世帯主の前年の総所得金額等の合計額

軽減割合

軽減後の均等割額

(1年当たり)

33万円

以下

世帯内の被保険者全員が年金収入80万円以下(その他各種所得なし)

9割

4170円

33万円

以下

世帯内の被保険者全員が年金収入80万円以下(その他各種所得なし)以外のかた

8.5割

6250円

33万円+(27.5万円×世帯の被保険者数)以下

5割

2万850円

33万円+(50万円×世帯の被保険者数)以下

2割

3万3360円

 

被扶養者の軽減

被保険者となる前日において、被用者保険(協会けんぽ、健康保険組合、共済組合、船員保険)などの被扶養者であったかたは、所得割額がかからず均等割額が5割軽減されます。

問合せ

国保年金課高齢者医療担当(電話)048-768-3111(内線)112

蓮田市職員採用試験(平成30年10月1日付採用)

応募資格等の詳細は、秘書課職員担当で配布する受験案内または市ホームページでご確認ください。

募集職種

土木技師(2人)

対象

昭和57年4月2日以降生まれで、土木関係の学部・学科を卒業したかた

第1次試験

平成30年7月8日(日曜日)…教養試験(120分)、適性検査(20分)、作文試験(60分)

※合格者を対象に第2次試験を実施します。

申込み

平成30年6月27日(水曜日)(必着)までに、秘書課職員担当へ

問合せ

秘書課職員担当(電話)048-768-3111(内線)220

社会を明るくする運動愛の募金活動にご協力を

岩槻蓮田更生保護女性会では、愛の募金活動を行い、各小学校に「愛の図書」を寄贈します。

問合せ

福祉課社会福祉担当(電話)048-768-3111(内線)135

ありがとうございました

平成30年5月8日、サウンドステージイヴ(藤川義子代表)から寄附金15万4109円をいただきました。福祉の向上のため活用させていただきます。

問合せ

福祉課社会福祉担当(電話)048-768-3111(内線)135

農薬は適正に使用しましょう

農薬を使用する際は、ラベルや袋に表示された使用方法や注意事項を厳守し、他の作物等への飛散にじゅうぶん注意してください。できるだけ農薬以外の防除方法を検討し、やむをえず農薬を散布するときは、事故防止に努めてください。

問合せ

農政課農産担当(電話)048-768-3111(内線)232

アメリカオニアザミの駆除にご協力を

アメリカオニアザミは、繁殖力が強く、硬く鋭いとげを持つため、うかつに触ると危険です。敷地内で発見した場合は、種子が散乱する前に、とげに気を付けて抜き取り、処分してください。

問合せ

みどり環境課環境担当(電話)048-768-3111(内線)222

「とねっと」が新しくなりました

利根保健医療圏内(蓮田市、行田市、加須市、羽生市、久喜市、幸手市、白岡市、宮代町、杉戸町の区域)の医療機関等が診療情報を共有するシステム「とねっと」のかかりつけ医カードがICチップ化されました。救急搬送時間の短縮につながりますので、カードにIC登録をしましょう。新規登録も受け付けます。

申込み・問合せ

かかりつけ医カード(新規の場合は運転免許証または保険証)を持参し、健康増進課管理担当(電話)048-768-3111(内線)141へ

木造住宅耐震診断・耐震改修の補助制度

既存木造住宅の耐震化を推進するため、耐震診断・耐震改修の費用の一部を補助します。2階建て以下の木造一戸建て住宅(併用住宅も可)で、昭和56年5月31日以前の旧耐震基準で建築されたものが対象です。無料の簡易耐震診断もありますのでお気軽にご相談ください。

問合せ

建築指導課建築指導担当(電話)048-768-3111(内線)266

熱中症を予防しましょう

熱中症予防5つのポイント

  1. 高齢者や持病のあるかたは、室内でも熱中症になることがあります。上手にエアコンを使いましょう。
  2. 急に暑くなる日は、早めに涼しい所へ避難しましょう。
  3. こまめに水分を補給しましょう。塩分もいっしょに取ると効果的です。
  4. めまい、頭痛、吐き気、倦怠感がある場合は、医療機関に相談しましょう。
  5. 周りのかたの体調にも気を配りましょう。

問合せ

健康増進課管理担当(電話)048-768-3111(内線)141

蚊が媒介するデング熱やジカウイルス感染症などを予防しましょう

蚊は小さな水たまりでも発生します。日頃から住まいの周囲の水たまりをなくすようにしましょう。蚊が多くいる場所で活動する場合は、できるだけ肌を露出しないようにして、虫よけ剤などを使用しましょう。

問合せ

県保健医療政策課(電話)048-830-3557、県生活衛生課(電話)048-830-3606

節電にご協力ください無理なく節電しましょう

市では、平成30年10月31日まで次の節電対策に取り組みます。

目標

公共施設全体で、平成22年同期対比で15%以上の使用電力の削減を図る

  1. 空調…設定温度28度を徹底。天候、気温、室内温度により冷房設備の稼働時間を短縮。カーテン、ブラインド等を活用。
  2. 照明…LED照明への随時転換の推進。
  3. その他…クールビズの実施。ノー残業デーの徹底。パソコン等事務機器の節電。

庶務課管財担当(電話)048-768-3111(内線)294

6月は食育月間です

日頃の食生活を見直し、家族や身近なかたといっしょに「食」について考えてみませんか。心身の健康を維持し、いきいきとした暮らしが送れるように、栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。

問合せ

健康増進課健康増進担当(電話)048-768-3111(内線)142

平成30年6月20日~平成30年7月19日は薬物乱用「ダメ。ゼッタイ。」普及運動期間です

麻薬・覚醒剤・大麻・危険ドラッグなどの薬物乱用は、個人の問題にとどまらず、社会全体に危害をもたらします。絶対に手を出さないでください。

問合せ

幸手保健所(電話)0480-42-1101

平成30年7月から11月までは働き方改革推進期間です

県では、期間中の毎月第3水曜日を「県内一斉ノー残業デー」とし、定時退社を呼び掛けます。

問合せ

県雇用労働課(電話)048-830-4516

里親制度をご存じですか里親を必要としている子どもがいます

里親になるには、一定の要件を満たす必要があります。特別な資格は必要ありませんが、登録前に研修の受講が必要です。

問合せ

中央児童相談所(電話)048-775-4152

労使トラブル円満な解決のお手伝いをします

解雇・雇い止め・残業代の未払い・パワハラ・セクハラなど、職場で困ったことはありませんか。労働委員会は、労働者と会社とのトラブル解決を無料でお手伝いします。

問合せ

県労働委員会事務局(電話)048-830-6452

岩槻警察署が移転します

岩槻警察署は建替え工事が終了し、平成30年7月17日(火曜日)から現在の仮庁舎南側の新庁舎で業務を行います。

問合せ

岩槻警察署(電話)048-757-0110

平成29年度情報公開・個人情報保護制度の運用状況

情報公開請求の状況(実施機関別処理件数)

実施機関

件数

決定内容

(開示)

決定内容

(部分開示)

決定内容

(不開示)

市長

23

7

16

0

教育委員会

3

3

0

0

選挙管理委員会

0

0

0

0

固定資産評価審査委員会

0

0

0

0

公平委員会

0

0

0

0

監査委員

0

0

0

0

農業委員会

0

0

0

0

水道事業

6

3

3

0

消防庁

2

1

1

0

議会

0

0

0

0

合計

34

14

20

0

個人情報の開示等請求の状況

自己に関する個人情報についての開示等の請求は、開示請求が16件(市長宛て16件)あり、1件を開示、14件を部分開示、1件を不開示としました。

問合せ

庶務課庶務法規担当(電話)048-768-3111(内線)210

国民健康保険税の算定方法が変わりました

資産割、平等割を廃止し、次のとおり変更しました。

医療分

構成内容

税率等

所得割

7.5%

均等割

2万4700円

後期高齢者支援分

構成内容

税率等

所得割

2.8%

均等割

8100円

介護分(40~64歳の被保険者のみ該当)

構成内容

税率等

所得割

1.5%

均等割

1万1400円

問合せ

国保年金課国民健康保険担当(電話)048-768-3111(内線)108

サマージャンボ宝くじ・サマージャンボミニ

発売期間は平成30年7月9日(月曜日)~平成30年8月3日(金曜日)

この宝くじの収益金は市町村の明るく住みよいまちづくりに使われます。

(公財)埼玉県市町村振興協会(電話)048-822-5004、市財政課財政担当(電話)048-768-3111(内線)207

8月利用分から介護保険サービスの利用者負担が変わります

自己負担割合の変更

介護保険サービス利用料の自己負担の割合について、これまでの1割、2割に3割が追加され3区分となります(40~64歳のかたは、所得にかかわらず1割負担です)。

高額医療・高額介護合算制度の変更

同一世帯内で介護保険と国民健康保険などの両方を利用して、自己負担額が一定の限度額を超えたとき、超えた分が払い戻される高額医療・高額介護合算制度について、70歳以上で現役並み所得者(課税所得145万円以上のかた)の限度額が下表のとおり変わります。その他の区分のかた及び70歳未満のかたの限度額に変更はありません。

※後期高齢者医療制度の対象者を含みます。

高額医療・高額介護合算制度の変更一覧

7月まで

限度額67万円

8月から

 

課税所得690万円以上

限度額212万円

課税所得380万円以上690万円未満

限度額141万円

課税所得145万円以上380万円未満

限度額67万円

問合せ

長寿支援課介護保険担当(電話)048-768-3111(内線)146

人権それは愛~未来を守るために~→

人が人として生きる権利、それが人権です。人権は、全ての人が持っています。それは、大人でも子どもでもその重みは変わるものではありません。

子どもにも、一人の人間として、大人と同じように、自由と権利があります。そして、子どもは発達していく中で、みんなの権利を実現するには、どんなルールが必要なのかを学ぶことで成長していくことができます。「子どもだから」「子どものくせに」と一方的に決めつける前に、子どもも一人の人間として認め、意見をしっかり聴くことがたいせつです。

しかし、現実の問題として、子どもが被害者となるいじめや虐待、性犯罪など痛ましい事件が後を絶ちません。子どもは大人よりも人権が侵害されやすい存在であると認識し、大人が子どもの人権を守ることが必要です。

子どもは、社会の未来を担う存在です。子どもの人権を考えることは、大人の人権意識を考えることでもあります。私たちは、子どもの人権についてじゅうぶんに理解と尊重をし、子どもの意見にも常に耳を傾けるとともに、心身ともに健やかな成長を見守っていく必要があるのではないでしょうか。

問合せ

社会教育課生涯教育担当(電話)048-768-3111(内線)176、庶務課人権担当(電話)048-768-3111(内線)296

お問い合わせ

所属課室:広報広聴課広報広聴担当

埼玉県蓮田市大字黒浜2799番地1

電話番号:048-768-3111

内線:215