• 暮らし・防災
  • 子育て
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • まち・環境
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 市政情報 > 広報 > 広報はすだ > 広報はすだテキスト版 > 広報はすだテキスト版(2018年7月号) > 広報はすだ2018年7月号・情報ページ[お知らせ]

ここから本文です。

更新日:2018年7月13日

広報はすだ2018年7月号・情報ページ[お知らせ]

はなみずき商品券の有効期限は平成30年8月31日(金曜日)までです

有効期限が過ぎた商品券は利用できませんのでご注意ください。

問合せ

蓮田市商業協同組合(電話)048-769-1661、市商工課商工観光担当(電話)048-768-3111(内線)237

骨髄移植のドナーを支援します

骨髄等の移植を推進するために、骨髄または末梢血幹細胞を提供したかたに助成金を交付します。

対象

蓮田市に住民登録があり、(公材)日本骨髄バンクが実施する骨髄バンク事業において骨髄等の提供を完了したかた(ドナー休暇制度のある企業・団体等に属するかたを除く)

助成額

骨髄等の提供に係る通院・入院1日につき2万円(1回の提供につき14万円が限度)

申請・問合せ

提供完了日から90日以内に、申請書(市ホームページから入手)、(公財)日本骨髄バンクが発行する証明書の写し、印鑑、提供者名義の預金通帳を持参し、健康増進課管理担当(電話)048-768-3111(内線)141へ

肉はよく焼いてから食べましょう

昨年度、県内で腸管出血性大腸菌O-157の広域食中毒が発生しました。生の肉に触れた手や調理器具はしっかり洗いましょう。生の肉を挟んだトングや箸は、食べる際に使わないようにしましょう。O-157による食中毒は、加熱がふじゅうぶんな肉や浅漬だけでなく、生野菜でも発生すると推定されています。生で食べる野菜はよく洗いましょう。調理した食品でも、常温で長時間放置しないようにしましょう。

問合せ

幸手保健所(電話)0480-42-1101

成人式実行委員募集

成人式の企画・運営に携わるかたを募集します。成人式へのご意見も募集しています。

対象

平成10年4月2日~平成11年4月1日生まれのかた

申込み

平成30年8月15日(水曜日)までに、社会教育課

成人式

日時

平成31年1月13日(日曜日)午前10時30分から、受付午前10時

場所

ハストピア(総合文化会館)

問合せ

社会教育課生涯教育担当(電話)048-768-3111(内線)161

交通事故被害者のご家族への援護金

埼玉県交通安全対策協議会では、平成29年4月1日以降に交通遺児等となった県内在住のかたを対象に、援護一時金を給付しています。交通遺児等とは、交通事故(陸海空全てが対象)により死亡または重い障がいを負った保護者に養育されている平成12年4月2日以降に生まれた乳幼児・児童・生徒です。

給付月

11月または平成31年5月

給付額

子ども1人につき10万円

申込み

給付月の3か月前までに、申請書(市自治振興課・福祉課・保育課・学校教育課、学校等で入手)をみずほ信託銀行浦和支店[〒330-0063、さいたま市浦和区高砂2-6-18]に郵送または持参

問合せ

県防犯・交通安全課(電話)048-830-2958

夏の交通事故防止運動(平成30年7月15日~24日)

県重点目標

  • 子供と高齢者の交通事故防止
  • 自転車安全利用の推進
  • 飲酒運転の根絶及び路上寝込み等による交通事故防止

市重点目標

自転車保険への加入促進

問合せ

自治振興課交通安全担当(電話)048-768-3111(内線)244

多くのかたが利用する建築物の耐震診断・耐震改修に関する補助制度

県では昭和56年5月31日以前に建築確認を受けて建築された診療所や店舗、福祉施設などの多くのかたが利用する建物で一定規模以上の建築物に対して、耐震診断、耐震補強設計及び耐震改修の費用の一部を補助しています。

問合せ

県建築安全課(電話)048-830-5527

建築物のアスベスト除去等に対する補助制度

県では、民間建築物のアスベスト対策として、アスベスト含有のおそれのある吹付け材の含有調査及びアスベストの除去等工事に対する費用の補助を行っています。

問合せ

県建築安全課(電話)048-830-5525

高齢歩行者の交通事故が多発しています

県内で交通死亡事故が多発しています。特に夕方から夜間にかけて、買い物の行き帰り等をする高齢歩行者の事故が多発しています。平成30年5月末現在、県内の交通事故死者のおよそ半数が高齢者です。歩行中は反射材を身に付け、信号や横断歩道がある所を渡りましょう。横断中も車に注意しましょう。ドライバーは早めのライトオンを心がけ、ハイビームを活用してください。速度を抑え、横断歩道は歩行者を優先し、必ず一旦停止しましょう。

問合せ

自治振興課交通安全担当(電話)048-768-3111(内線)244

優良運転者を表彰します

種別

過去5・10・15・20・25・30・35年間、無事故・無違反の運転者

対象

市内在住の岩槻蓮田地区交通安全協会員で、過去に同年数の優良運転者表彰・県警本部交通部長以上の表彰を受けていないかた

申込み

平成30年8月1日(水曜日)~9月28日(金曜日)に、申請書(同協会事務局で入手)に無事故・無違反証明書を添付して、岩槻蓮田地区交通安全協会へ

問合せ

同協会(電話)048-756-7331、市自治振興課交通安全担当(電話)048-768-3111(内線)244

平成31年度小・中学校の選択校就学申請

小・中学校の通学区域の一部に、通学する学校を選択できる弾力的な通学区域を設けています。対象となるかたには既にお知らせしています。なお、7月下旬までに選択校の受入れ可能人数を決定します。

申込み・問合せ

平成30年8月1日(水曜日)~31日(金曜日)に、選択校就学申請書(学校教育課で入手)を学校教育課学務担当(電話)048-768-3111(内線)166へ

3キュー子育てチケット

市販のおむつやミルクの購入、産前産後のマッサージ、県内の遊園地などで利用できる、3キュー子育てチケットの交付申請を受け付けています。

対象

平成30年4月1日以降に第3子以降の子どもが生まれた世帯

※3年間で5万円分(1・2年目は2万円、3年目は1万円)のチケットを配布します。詳細は県ホームページ(http://www.pref.saitama.lg.jp/a0607/kuponn/top.html)をご覧ください。

問合せ

3キュー子育てチケット事務局(電話)0120-39-3192

株式会社コンチェルトと災害時における防災備蓄品等の提供に関する協定を締結

平成30年6月18日、市は株式会社コンチェルト(コンサートホール蓮田店)と災害時における防災備蓄品等の提供に関する協定を締結しました。この協定により、災害時に防災備蓄品の提供を受け、店舗敷地内を一時的な避難場所として利用することができます。

問合せ

危機管理課危機管理調整担当(電話)048-768-3111(内線)297

ありがとうございました

平成30年5月28日、株式会社セイコーアドバンス(平栗哲夫代表取締役社長)から、軽自動車1台と音響機器一式をいただきました。消防事業のために活用させていただきます。

問合せ

消防課警防係(電話)048-768-1022

7月は社会を明るくする運動強化月間愛の募金活動にご協力を

さいたま岩槻地区保護司会蓮田支部と岩槻蓮田更生保護女性会が合同で啓発活動を行っています。また、岩槻蓮田更生保護女性会では、愛の募金活動を行い、各小学校に「愛の図書」を寄贈します。

問合せ

福祉課社会福祉担当(電話)048-768-3111(内線)135

埼玉県県政サポーター募集

応募資格

16歳以上で、日本語によるホームページの閲覧やメールの利用ができるかた※詳細は、県ホームページ(http://www.pref.saitama.lg.jp/a0301/supporter/)をご覧ください。

問合せ

県広聴広報課(電話)048-830-2850

障がい者向け保養施設埼玉県伊豆潮風館

宿泊料金

障がいのあるかた(大人)…2100円(1泊・食事代別)

申込み・問合せ

利用予定日の6か月前の月の初日から、伊豆潮風館[〒413-0231、静岡県伊東市富戸字先原1317-89](電話)0557-51-1504

木造住宅耐震診断・耐震改修の補助制度

既存木造住宅の耐震化を推進するため、耐震診断・耐震改修の費用の一部を補助します。2階建て以下の木造一戸建て住宅(併用住宅も可)で、昭和56年5月31日以前の旧耐震基準で建築されたものが対象です。無料の簡易耐震診断もありますので、お気軽にご相談ください。

問合せ

建築指導課建築指導担当(電話)048-768-3111(内線)266

第39回九都県市合同防災訓練埼玉県・蓮田市総合防災訓練

日時

平成30年8月26日(日曜日)午前9時~正午(防災フェアは午後1時まで)

場所

パルシー他

内容

ヘリコプターによる救出救助訓練、消防・自衛隊等による訓練、防災体験訓練、炊き出し訓練、防災フェア、防災コンサート※会場に駐車場はありません。来場の際は、公共交通機関、市役所・蓮田駅東口とパルシー間で運行する無料シャトルバスをご利用ください。

問合せ

危機管理課危機管理調整担当(電話)048-768-3111(内線)297

災害ボランティアセンター開設・運営訓練参加者募集

日時

平成30年8月26日(日曜日)午前9時~11時30分

場所

コミュニティセンター、パルシー

内容

災害ボランティア体験と見学

申込み・問合せ

平成30年7月31日(火曜日)までに、社会福祉協議会(電話)048-769-7111

70歳以上のかたへ平成30年8月から高額療養費の自己負担限度額が変わります

高額療養費制度とは、ひと月に支払った一部負担金が決められた上限額を超えた場合に、上限額を超えて支払った分を払い戻す制度です。上限額は、個人もしくは世帯の所得に応じて決まります。8月から、上限額が下表のとおりに変わります。現役並み所得者Ⅰ・Ⅱに該当し、医療機関での支払いが高額になる可能性があるかたは、新たに限度額適用認定証が必要となりますので、交付申請をしてください。

高額療養費の自己負担限度額

適用区分

自己負担額

外来(個人ごと)

外来+入院(世帯ごと)

現役並み所得者Ⅲ(住民税課税所得690万円以上のかた)

25万2600円+(医療費-84万2000円)×1%

[14万100円※3]

現役並み所得者Ⅱ(住民税課税所得380万円以上のかた)

16万7400円+(医療費-55万8000円)×1%

[9万3000円※3]

現役並み所得者Ⅰ(住民税課税所得145万円以上のかた)

8万100円+(医療費-26万7000円)×1%

[4万4400円※3]

一般(住民税課税所得145万円未満のかた※1)

1万8000円

年間の上限

14万4000円

5万7600円

[4万4400円※3]

低所得者Ⅱ(住民税非課税世帯※2)

8000円

2万4600円

低所得者Ⅰ(年金収入80万円以下などの住民税非課税世帯※2)

1万5000円

 

※1世帯収入の合計額が520万円未満(1人世帯の場合は383万円未満)の場合や、旧ただし書所得の合計額が210万円以下の場合も含みます。

※2住民税非課税世帯のかたは、従来どおり限度額適用・標準負担額減額認定証を交付します。

※3過去12か月以内に3回以上高額療養費の支給を受けた場合の、4回目以降の限度額(多数回該当)です。

問合せ

国保年金課国民健康保険担当(電話)048-768-3111(内線)108、国保年金課高齢者医療担当(電話)048-768-3111(内線)112

国民年金保険料免除・納付猶予制度

国民年金保険料の納付が困難な場合に、本人の申請により保険料を免除または納付猶予される制度があります。申請免除は、本人・配偶者・世帯主の前年所得額等により、また納付猶予(50歳未満が対象)は、本人及び配偶者の前年所得額等により決定されます。免除及び納付猶予の承認期間は7月~翌年の6月です。申請には、年金手帳またはマイナンバーが確認できるもの、届出人の本人確認書類、印鑑、雇用保険被保険者離職票等(失業を事由とするかたのみ)の他、所得審査の対象となるかたの市・県民税等の申告が必要です。学生は、学生納付特例制度をご利用ください。

申請・問合せ

春日部年金事務所(電話)048-737-7112、市国保年金課国民年金担当(電話)048-768-3111(内線)110

洪水情報の緊急速報メールを配信します

国が管理する利根川と荒川で氾濫の危険性が高まった際、携帯電話やスマートフォンに緊急速報メールを自動で配信します。雨の降り方や利根川と荒川の水位などの情報は、国土交通省ホームページ(https://www.river.go.jp/kawabou/ipTopGaikyo.do)で確認できます。

問合せ

利根川上流河川事務所(電話)0480-52-3956

県議会広報テレビ番組「こんにちは県議会です」

県議会に関するさまざまな情報を日曜日の午前10時から、テレビ埼玉で放送しています。詳しい放送スケジュールは、県議会ホームページ(http://www.pref.saitama.lg.jp/s-gikai/index.html)をご覧ください。

問合せ

県議会事務局(電話)048-830-6257

平成29年度水道水水質検査結果

水道水の安全を確保するため、定期的に水質検査を実施しています。検体は、浄水場及び市内の給水栓で採取し、表は検査結果の最大値です。検査結果は全ての項目において水道法の水質基準に適合しています。また、ダイオキシン類の検査も実施しましたので併せて公表します。市の水道水は、市内の深井戸から取水し浄水場で浄水処理した水約10%と、県から購入し行田浄水場から配水される水約90%を混合しています。なお、放射性物質については、県浄水場の水道水は定期的に測定検査され、結果は県ホームページなどで公表し、安全性が確認されています。市でも独自に専門機関に委託して定期的に水道水の測定を行い、安全性を確認しています。

水道水水質基準結果

項目

最大値

水質基準

一般細菌

0

100個/mℓ以下

大腸菌

不検出

不検出

カドミウム及びその化合物

0.0003未満

0.003mg/ℓ以下

水銀及びその化合物

0.00005未満

0.0005mg/ℓ以下

セレン及びその化合物

0.001未満

0.01mg/ℓ以下

鉛及びその化合物

0.001未満

0.01mg/ℓ以下

ヒ素及びその化合物

0.001未満

0.01mg/ℓ以下

六価クロム化合物

0.005未満

0.05mg/ℓ以下

亜硝酸態窒素

0.004未満

0.04mg/ℓ以下

シアン化物イオン及び塩化シアン

0.001未満

0.01mg/ℓ以下

硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素

2.7

10mg/ℓ以下

フッ素及びその化合物

0.09

0.8mg/ℓ以下

ホウ素及びその化合物

0.08

1.0mg/ℓ以下

四塩化炭素

0.0002未満

0.002mg/ℓ以下

1,4-ジオキサン

0.005未満

0.05mg/ℓ以下

シス-1,2-ジクロロエチレン及びトランス-1,2ジクロロエチレン

0.001未満

0.04mg/ℓ以下

ジクロロメタン

0.001未満

0.02mg/ℓ以下

テトラクロロエチレン

0.001未満

0.01mg/ℓ以下

トリクロロエチレン

0.001未満

0.01mg/ℓ以下

ベンゼン

0.001未満

0.01mg/ℓ以下

塩素酸

0.16

0.6mg/ℓ以下

クロロ酢酸

0.002未満

0.02mg/ℓ以下

クロロホルム

0.030

0.06mg/ℓ以下

ジクロロ酢酸

0.019

0.03mg/ℓ以下

ジブロモクロロメタン

0.013

0.1mg/ℓ以下

臭素酸

0.001未満

0.01mg/ℓ以下

総トリハロメタン

0.053

0.1mg/ℓ以下

トリクロロ酢酸

0.019

0.03mg/ℓ以下

ブロモジクロロメタン

0.015

0.03mg/ℓ以下

ブロモホルム

0.008

0.09mg/ℓ以下

ホルムアルデヒド

0.008

0.08mg/ℓ以下

亜鉛及びその化合物

0.006

1.0mg/ℓ以下

アルミニウム及びその化合物

0.02未満

0.2mg/ℓ以下

鉄及びその化合物

0.05

0.3mg/ℓ以下

銅及びその化合物

0.01未満

1.0mg/ℓ以下

ナトリウム及びその化合物

27.0

200mg/ℓ以下

マンガン及びその化合物

0.005未満

0.05mg/ℓ以下

塩化物イオン

51.3

200mg/ℓ以下

カルシウム、マグネシウム等(硬度)

89

300mg/ℓ以下

蒸発残留物

219

500mg/ℓ以下

陰イオン界面活性剤

0.02未満

0.2mg/ℓ以下

ジェオスミン

0.000002

0.00001mg/ℓ以下

2-メチルイソボルネオール

0.000002

0.00001mg/ℓ以下

非イオン界面活性剤

0.005未満

0.02mg/ℓ以下

フェノール類

0.0005未満

0.005mg/ℓ以下

有機物(全有機炭素(TOC)の量)

1.2

3mg/ℓ以下

pH値

7.6

5.8以上8.6以下

異常なし

異常でないこと

臭気

異常なし

異常でないこと

色度

1

5度以下

濁度

0.5

2度以下

 

ダイオキシン類

 

最大値

暫定目標値

ダイオキシン類

0.016

1pg-TEQ/ℓ以下

 

問合せ

水道課工務担当(電話)048-768-1111

お問い合わせ

所属課室:広報広聴課広報広聴担当

埼玉県蓮田市大字黒浜2799番地1

電話番号:048-768-3111

内線:215