ホーム > 市政情報 > 広報 > 広報はすだ > 広報はすだテキスト版 > 広報はすだテキスト版(2019年1月号) > 広報はすだ2019年1月号・特集(再開発ビル建設スタート)

ここから本文です。

更新日:2019年1月15日

広報はすだ2019年1月号・特集(再開発ビル建設スタート)

昭和60年から行ってきた蓮田駅西口再開発事業。再開発ビルの建設で事業が完了します。

問合せ

西口再開発課西口再開発担当(電話)048-768-3111(内線)214

西口の発展

明治18年に蓮田駅が開設されてから、昭和47年に東口が開設されるまでの間、蓮田市は西口駅前とともに発展してきました。駅前の商店街は買い物客でにぎわいを見せ、駅を利用する人々や自転車、自動車が往来し、正に市の中心部という時代が続きました。

再開発のスタート

「西口は駅前に入る道路が狭い」「駅前広場が広場らしくない」などの、市民の声が聞こえるようになったのは、昭和50年代の頃からでした。古い時代に作られた道路や駅前広場等の町並みを新しい時代に合った利用形態に作り直すことや、改修することが必要とされるようになってきたためです。こうした基盤整備の立遅れを解消するため、昭和60年、市は蓮田駅西口再開発事業を行うことを決定しました。この事業は、道路の整備・駅前交通広場の整備・再開発ビルの建設を3つの大きな柱とし、西口の活性化と交通の円滑化を目的として始めました。

以降、土地の権利者との協議や関係機関との調整を重ね、バブル経済の崩壊やリーマンショックによる影響を受けながらも再開発事業を進めてきました。平成24年には1つ目の柱である蓮田駅西口通線など幹線道路の整備を完了し、翌年には2つ目の柱、駅前交通広場の完成に至りました。

事業の完了へ

残る最後の柱、再開発ビルについては、平成30年2月、市に代わって建築を行う特定建築者として東急不動産株式会社が決定し、11月にはビルの建設工事が始まりした。

来年秋に完成する再開発ビルは、店舗、診療所、公益施設、分譲マンション部分等からなる地上14階建ての複合施設となり、市民の誰もが利用できる西口の象徴的な建物となります。

今までの取組み

平成24年・道路の整備

道幅が狭く歩道がない道路が目立つ西口駅前でしたが、3メートル以上の歩道を持つ幅員16メートルの蓮田駅西口通線を幹線道路とし、交差点部には右折帯を設けることで、交通の円滑化を図り、周辺地域からのアクセスを便利にしました。

平成25年・駅前交通広場の整備

面積を広げることで、ゆとりのある駅前広場を実現しました。車道と歩道を分離し、バスやタクシーの乗降場を設置することで交通機能の改善を図るとともに、身障者専用の乗降場や点字ブロックを設け、バリアフリー化を行いました。

再開発ビルを紹介します

1階

市民ギャラリー

絵や書などの展示ができるギャラリーです。

会議室

大小さまざまな会議に利用できるよう、3つの会議室を設けます。

調理室

料理講座やサークル活動に利用可能なクッキングスタジオです。

防災倉庫

帰宅困難者対策や地域の防災対策として、防災備蓄品の収納庫を設けます。

診療所

便利な駅前に診療所ができます。

店舗

日常生活に役立つ便利なお店が入ります。

2階

行政窓口エリア

現在、駅西口連絡所で取り扱っている、住民票や、印鑑証明等の各種証明書の交付などの業務を行います。より便利な窓口となるように取扱い業務を拡充することを検討しています。

子育て支援エリア

子どもどうし、親どうしが交流できる子育て支援交流スペースや子育てに関する相談、情報収集等ができるエリアです。併せてお子さんの一時預かりを行うスペースなども設置します。

3~14階

居住スペース

名称は「ブランズシティ蓮田」です。駅まで徒歩1分、1階部分には、パーティーラウンジ、コミュニティラウンジなどを備えた分譲マンションです。安心の建物構造で、最新の住設設備や防犯・防災対策も充実しています。詳細は東急不動産株式会社ホームページ(http://sumai.tokyu-land.co.jp/)をご覧ください。

皆様に利用されるビルに(蓮田市長・中野和信)

昭和60年に都市計画決定して以来取り組んでおりました、蓮田駅西口第一種市街地再開発事業は、昨年11月1日からビル建設工事が始まっています。33年間を要した大事業も、再開発ビルの建設をもちまして完了となります。工事も順調でして、来年10月に完成の予定です。これもひとえに多くの関係権利者の皆様をはじめ、市民の皆様のご協力のたまものと厚くお礼申し上げます。来年秋に完成する再開発ビル(マンション)は、市役所の行政機能、子育てコンシェルジュ機能、公民館機能を併設する計画となっています。よりいっそう住民サービスの向上が図られる、多くの皆様にご利用いただける公共施設となるものと考えています。

蓮田駅西口は明治18年の鉄道開通に合わせて発展してまいりました。この度のビルの完成は更なる蓮田駅西口の発展に大きくつながる大事業でございます。ご理解・ご協力をいただきました多くのかたがたに重ねて心から感謝申し上げます。

建築概要

敷地面積

6821.11平方メートル

建築面積

4177.94平方メートル

延床面積

2万1741.49平方メートル

用途

店舗、診療所、住宅、公益、施設(子育て支援スペー、行政窓口、市民ギャラリー、会議室等)、駐車施設

構造

鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造

階数・高さ

地上14階・43.54メートル

駐車台数

223台(住宅以外も含む)

住宅戸数

168戸

工期

2018年11月1日~2020年10月31日

お問い合わせ

所属課室:広報広聴課広報広聴担当

埼玉県蓮田市大字黒浜2799番地1

電話番号:048-768-3111

内線:215