ホーム > 市政情報 > 広報 > 広報はすだ > 広報はすだテキスト版 > 広報はすだテキスト版(2019年3月号) > 広報はすだ2019年3月号・情報ページ[お知らせ]

ここから本文です。

更新日:2019年5月1日

広報はすだ2019年3月号・情報ページ[お知らせ]

市ホームページをリニューアルしました

今回のリニューアルでは、トップページ上部の「暮らし・防災」「子育て」などのグローバルナビゲーションをシンプルなデザインにしました。プルダウンメニュー機能も追加し、マウスポインターを合わせるとボタンをクリックした先の項目が表示されるようになりました。また、新たに追加した画像スライドコンテンツでは、市内の風景やイベント、事業などを大きな画像とともにPRしていきます。

※URLの変更はありません。

問合せ

広報広聴課広報広聴担当(電話)048-768-3111(内線)209

平成31年度から市の組織を改正します

4月から、西口再開発課を西口再開発ビル開設準備室とし、建設推進担当と公益施設担当を設置します。建築指導課の建築指導担当を建築指導・空き家対策担当に変更し、電算課のIT推進担当をシステム担当に統合します。また、下水道事業の地方公営企業への移行に伴い、下水道課は地方公営企業上下水道部下水道課となります。

問合せ

政策調整課政策調整担当(電話)048-768-3111(内線)228

固定資産価格の縦覧ができます

市の固定資産税の納税者(納税管理人を含む)は次の帳簿が閲覧できます。代理人が閲覧する場合は委任状が必要です。

土地価格等縦覧帳簿

土地の所在・地番・地目・地積・価格を掲載。土地の固定資産税の納税者のみ閲覧可。

家屋価格等縦覧帳簿

家屋の所在・家屋番号・種類・構造・床面積・価格を掲載。家屋の固定資産税の納税者のみ閲覧可。

期間

平成31年4月1日(月曜日)~令和元年5月31日(金曜日)

場所

税務課

問合せ

税務課資産税担当(電話)048-768-3111(内線)130

平成31年度障がい者の燃料費助成券・福祉タクシー券の交付

対象

身体障害者手帳1級・2級・3級のかた、療育手帳Ⓐ・A・Bのかた、精神障害者保健福祉手帳1級・2級のかた

※燃料費助成券と福祉タクシー券のうち、一方のみの交付となります。

申請・問合せ

平成31年3月25日(月曜日)から、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳のいずれかを持参し、福祉課障害福祉担当(電話)048-768-3111(内線)139へ

平成31年度就学援助制度の申請受付

4月からの援助を希望されるかたは平成31年4月12日(金曜日)までに申請してください。平成30年度に認定されているかたも新たに申請が必要です。

対象

蓮田市に住民登録がある、児童・生徒(区域外就学児童・生徒を含む)の保護者で、次のいずれかに該当するかた。

  1. 生活保護を受給しているかた
  2. 学費などの支払いが困難なかた(所得制限あり)
  3. 児童扶養手当などを受給しているかた

申請・問合せ

申請書(子ども支援課・市ホームページから入手)を、子ども支援課または通っている市内小・中学校へ

子ども支援課企画担当(電話)048-768-3111(内線)154

えせ同和行為を排除しましょう埼葛えせ同和行為対策強化月間

本市を含む埼葛12市町では、毎年4月を埼葛えせ同和行為対策強化月間と定め、同和問題の解決の妨げとなっている「えせ同和行為の排除」を呼びかけています。えせ同和行為とは、同和問題の解決を口実に、個人、企業、行政機関などに対して図書等物品購入や寄付金・賛助金の強要など、不法・不当な行為や要求をすることです。

このような行為は、要求を受けた人が被害に遭うだけでなく、同和問題に対する誤った認識を植えつけ、新たな偏見や差別意識を生む要因となり、同和問題解決のために多くの人々が積み重ねてきた人権教育や啓発活動の効果を覆す許されない行為です。えせ同和行為の要求に応じる義務はありません。終始、き然とした態度で断固拒否し、えせ同和行為を排除しましょう。

同和問題とは、「同和地区に住んでいる」あるいは「同和地区に生まれた」という理由で、結婚や就職、日常生活などの面で差別を受けるという問題です。これは、憲法が保障する「基本的人権」の侵害であり、日本の歴史の中で生み出された、我が国固有の重大な人権問題です。埼葛12市町では、「部落差別の解消の推進に関する法律」を踏まえ、同和問題の解決に向けて、引き続き連携しながら、人権教育・啓発活動を推進していきます。

問合せ

庶務課人権担当(電話)048-768-3111(内線)296、社会教育課生涯教育担当(電話)048-768-3111(内線)176

スマートフォンアプリで市税等が納付できます

平成31年4月1日から、スマートフォンやタブレットで市税等の納付ができるようになります。対応アプリをダウンロードし、納付書に印字してあるバーコードをカメラで読み取ることで、預貯金口座から簡単に納付(即時口座振替)できますので、ぜひご利用ください。

※領収証書は発行されません。領収証書を必要とする場合(軽自動車の車検など)は、納付書裏面に記載してある金融機関、コンビニエンスストアの窓口で納付してください。

対応アプリ

LINE Pay請求書支払い(LINE Pay株式会社)、ヤフーアプリ(ヤフー株式会社)、PayB(ビリングシステム株式会社)

対象税目

市・県民税(普通徴収)、固定資産税・都市計画税、軽自動車税、国民健康保険税、介護保険料、後期高齢者医療保険料

問合せ

収納課管理担当(電話)048-768-3111(内線)124

パパ・ママ応援ショップ優待カードが新しくなります

現在のカードは、平成31年3月31日(日曜日)に有効期間が満了となります。新しいカードは、子ども支援課で配布しています。また、優待カードはスマートフォンアプリでも利用できます。スマートフォンアプリはカードの更新の手間が不要となるため、ぜひご利用ください。

対象

18歳に達して次の3月31日を迎えるまでの子どもまたは妊娠中のかたがいる世帯のかた

問合せ

子ども支援課企画担当(電話)048-768-3111(内線)154

里親制度をご存じですか~里親を必要としている子どもがいます~

里親とは、親の病気や離婚、虐待などさまざまな事情により自分の家庭で生活できない子どもたちを家庭に迎え入れ、一時的または継続的に養育するかたのことです。里親になるには、一定の要件を満たす必要があります。特別な資格は必要ありませんが、登録前に研修の受講が必要です。

問合せ

中央児童相談所(電話)048-775-4152

はすぴぃと記念写真を撮りませんか

婚姻届を提出するときに、はすぴぃといっしょに記念写真を撮影しませんか。お二人の一生の記念を、はすぴぃが祝福します。

日時

平日(年末年始を除く)、午前9時~午後4時

場所

市役所正面玄関付近

対象

蓮田市に婚姻届を提出するカップル

持ち物

カメラ

申込み

婚姻届提出予定日の10日前までに、氏名・電話番号・撮影希望日時を、電話またはメールで広報広聴課糸koho@city.hasuda.lg.jpへ

問合せ

広報広聴課シティセールス担当(電話)048-768-3111(内線)215

声の広報・点訳広報をご利用ください

ボランティアグループの協力を得て、広報はすだの音声版「声の広報」と点訳版「点訳広報」の貸出しを行っています。

声の広報(CD)

声のグループ「いずみ」の皆さんの協力で毎月作成されています。CD(デイジー)でお聞きいただけます。

貸出し場所

図書館、社会福祉協議会

点訳広報

点訳グループ「ともしび」の皆さんの協力で毎月作成されています。データ版もあります。

貸出し場所

市役所行政資料コーナー、図書館

広報広聴課広報広聴担当(電話)048-768-3111(内線)209

市税などの納付は便利な口座振替で!

対象金融機関

埼玉りそな銀行/りそな銀行/三菱UFJ銀行/武蔵野銀行/埼玉縣信用金庫/東和銀行/足利銀行/みずほ銀行/三井住友銀行/南彩農業協同組合(申込みは金融機関窓口のみ)/ゆうちょ銀行(郵便局)

金融機関での申込み

納税(納付)通知書・通帳・通帳に使用している印鑑を持参し、各金融機関窓口へ。市外の金融機関で、窓口に指定の用紙がない場合は送付しますのでご連絡ください。

市役所での申込み

対象金融機関(南彩農業協同組合を除く)の普通預金(通常貯金)のキャッシュカード・本人確認書類(運転免許証、保険証等)・委任状(口座名義人以外が来庁し、口座名義人に納付義務がない市税等の振替を申し込む場合のみ)を持参し、収納課(市税・国民健康保険税・介護保険料)または国保年金課(国民健康保険税・後期高齢者医療保険料)へ。

※法人、生体認証カードなど、取扱いのできないカードもあります。

申込み期限

平成31年度第1期から口座振替を希望される場合は下表のとおりです。

平成31年口座振替申込み期限

税目等

金融機関

市役所

市県民税(個人分)※特別徴収分は除く。

令和元年5月15日(水曜日)

令和元年6月17日(月曜日)

固定資産税・都市計画税、軽自動車税

平成31年4月15日(月曜日)

令和元年5月16日(木曜日)

国民健康保険税、介護保険料、後期高齢者医療保険料※特別徴収分は除く。

令和元年6月14日(金曜日)

令和元年7月16日(火曜日)

問合せ

収納課管理担当(電話)048-768-3111(内線)132、国保年金課高齢者医療担当(電話)048-768-3111(内線)112

映画「あの日のオルガン」が公開中です

太平洋戦争末期、高虫の妙楽寺に開かれた疎開保育園での出来事を描いた映画「あの日のオルガン」が全国公開中です。

出演

戸田恵梨香、大原櫻子他

県内公開劇場(平成31年3月7日現在)

MOVIXさいたま、MOVIX三郷、イオンシネマ浦和美園、こうのすシネマ

※上映期間は各劇場ホームページをご確認ください。

問合せ

広報広聴課広報広聴担当(電話)048-768-3111(内線)209

農業振興地域整備計画の全体見直し

平成31年度に農業振興地域整備計画の全体見直しを予定しています。農業振興地域からの除外は、次回受付(5月中旬を予定)以降、おおむね1年間受付を停止します。農業振興地域内の農用地区域内に分家住宅、店舗、農業用施設等を計画しているかたは、お早めにご相談ください。

問合せ

農政課農産担当(電話)048-768-3111(内線)232

犬の登録・狂犬病予防注射

次の日程で集合狂犬病予防注射を実施します。受けられない場合は、市から送付される「狂犬病予防注射済票交付申請書」のはがきをお持ちの上、動物病院で注射を受け、病院発行の注射済証を市に届け出てください(市から注射済票を交付)。なお、市内の病院で注射を受けた場合は、その場で注射済票が交付されます。

犬の登録・狂犬病予防注射

実施日

時間

場所

平成31年4月5日(金曜日)

午前9時30分~11時

コミュニティセンター(貝塚1015)

午後1時30分~2時30分

農業者トレーニングセンター(井沼1071)

平成31年4月8日(月曜日)

午前9時30分~11時

桜台防災広場(桜台1-4)

午後1時30分~2時30分

根ケ谷戸公園臨時駐車場(蓮田ねがやど保育園前)

平成31年4月9日(火曜日)

午前9時30分~11時

黒浜西自治会館(西新宿2-2-2)

午後1時30分~2時30分

環境学習館(黒浜1061)

平成31年4月10日(水曜日)

午前9時30分~11時

西城沼公園正面入口隣(公園管理事務所隣)

午後1時30分~2時30分

勤労青少年ホーム(見沼町4-3)

※天候に関わらず実施します。

※健康な犬が体調のよい時に受けることが原則です。重篤な副反応が出ることもごくまれにあります。

費用(1頭につき)

登録済みの場合…3300円(注射料2750円・注射済票代550円)、登録されていない場合…6300円(登録料3000円を追加)

問合せ

みどり環境課環境担当(電話)048-768-3111(内線)222

埼玉県石油商業組合と災害時における石油類燃料の供給に関する協定を締結

平成31年2月4日、市は埼玉県石油商業組合東部北支部と災害時における石油類燃料の供給に関する協定を締結しました。この協定により、災害時に石油類燃料の供給を優先的に受けることができ、より円滑な救援活動が可能となります。

問合せ

危機管理課危機管理調整担当(電話)048-768-3111(内線)297

株式会社マミーマートと災害時における物資の供給等に関する協定を締結

平成31年2月22日、市は株式会社マミーマートと災害時における物資の供給等に関する協定を締結しました。この協定により、災害時に物資の供給と、市民の避難先として店舗駐車場の一部の開放についての協力要請が可能となります。

問合せ

危機管理課危機管理調整担当(電話)048-768-3111(内線)297

埼玉県美術展覧会作品募集

県では、県立近代美術館で開催する美術展へ出品する作品を募集しています。詳細は、県ホームページ(http://www.pref.saitama.lg.jp/f2216/geibunsai/kenten.html)をご覧ください。

問合せ

県文化資源課(電話)048-830-6925

人権それは愛

人権について考えてみよう~「平成」から新時代に向かって~

1989年1月8日から始まった平成の時代が、2019年4月30日をもって終わります。平成の時代は、激動する世界情勢に日本も大きな影響を受けた他、自然災害の多発、先端技術のめざましい進展、ライフスタイルの変容、価値観の多様化など、あらゆる面で変化のめまぐるしい時代でした。

平成の30年間には、人権教育啓発推進法をはじめ、部落差別解消推進法、障害者差別解消法、ヘイトスピーチ解消法など、人権に関する多くの法律が施行され、法整備の面では進展がありました。しかしながら、いまだに、いじめ、虐待、DV(ドメスティック・バイオレンス)などの事件が後を絶たず、インターネット上では、誹謗中傷や差別的な書込みが掲載されるなど、時代の変遷に伴う悪質な事件も引き続き発生しています。現在は、施行された法律の具体化とともに、私たち一人一人が法制定の主旨や意義を改めて理解し、実践に移していくことが求められています。

平成は終わり、新たな時代が始まります。人権が尊重され、差別や偏見のない社会を実現するためには、私たち一人一人が人権について学び、意識を高め、相手の気持ちを考え、お互いが心を通い合わせることがたいせつなのではないでしょうか。

問合せ

社会教育課生涯教育担当(電話)048-768-3111(内線)176、庶務課人権担当(電話)048-768-3111(内線)296

 

お問い合わせ

所属課室:広報広聴課広報広聴担当

埼玉県蓮田市大字黒浜2799番地1

電話番号:048-768-3111

内線:215