• 暮らし・防災
  • 子育て
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • まち・環境
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 暮らし・防災 > 消防 > 自主防災訓練

ここから本文です。

更新日:2014年7月25日

自主防災訓練

消火器を使った消火方法

消火器(ABC粉末消火器)の概要

消火器1

対応年数

8年(粉末薬剤は5年を目安)

放射距離

約3~6m

放射時間

約15秒~20秒

使用方法 

消火器2消火器3消火器4

消火器2

1.黄色のピンを上に引き抜く。

 

消火器3

2.ホースの先端を持ち火元へ

 

消火器4

3.レバーを握る。

消火器の火災種別対応表

 

  ABC粉末消火器 強化液消火器 泡消火器

A.普通火災(木.紙.布)

B.油火災(灯油.ガソリン)

C.電気火災(電気設備)

×

基本結索(ロープワーク)

基本結索とは、ロープを用いた結び方のことで、結着・結合・結節からなります。
ここで紹介する以外にも結索の仕方はたくさんあります。「ここがわからない」「この時にはどんな結びをしたら良いのか」など、疑問や質問があれば下記お問い合わせからご連絡下さい。

本結び

本結びは2本のロープを結ぶときよりも1本のロープをひとつの輪にする際に適します。特に太さや硬さの違うロープの場合には適当ではありません。さらに、本結びによってつながれている2つのロープの1方に重さがかかってしまうと外れやすくなるという欠点もあります。

結び方

本結び1
1.2つの端を1回絡める。
本結び2
2.1回目とは逆の向きで絡める。
本結び3
3.紐を引っ張って結び目を締める。


火災の恐ろしさ

煙の流れと速さ

1.煙の流れ

  • 煙は火災で熱せられると空気より軽くなり上昇します。
  • 上昇した煙は、天井までのぼると横方向に広がります。
  • 煙の量が増えてくると、煙は下へ下へと床上付近まで広がります。

2.煙の速さ

  • 水平へ進む場合は1秒間に約0.3~1m(人の歩く速さ)
  • 垂直へ進む場合は1秒間に約3m~5mと言われています。
    このことから、上へ昇る速さは人の歩く速度より早いので、階段などでは特に気を付けなければなりません。

火災から逃げるときはどうすればいいの?

  • 煙を直接吸わないように、タオルやハンカチで口を覆う。
  • 低い姿勢をとり、下に残っている空気を吸うようにする。
  • いったん避難したら再び戻らない。
  • 下の階へ避難することが基本。(エレベーターは使わない)
  • 煙で前が見えない時には、壁に手を当て方向を確認しながら避難する。

 

フラッシュオーバーとバックドラフトの違い

 

  • フラッシュオーバー
    フラッシュオーバーとは、火災室内の可燃物が、炎あるいは天井下に蓄積した高温気体からの放射電熱により加熱され、ある時期に一気に燃え出し、室内が火に包まれる現象をいう。
  • バックドラフト
    バックドラフトとは、火災により酸素が欠乏し、高温の熱分解ガスが蓄積している閉鎖された区画内に酸素が取り入れられて発生する爆発的な燃焼現象をいう。

お問い合わせ

所属課室:消防署南分署第二消防係

蓮田市馬込1-256

電話番号:048-769-4396