ホーム > 暮らし・防災 > 東日本大震災関連 > 東日本大震災発生から11年を経て(市長コメント)

ここから本文です。

更新日:2022年3月11日

東日本大震災発生から11年を経て(市長コメント)

 東日本大震災の発生から11年を迎えました。謹んで犠牲になられた多くの方々のご冥福をお祈りするとともに、ご遺族の方々や、今もなお避難生活を余儀なくされ、不自由な生活を送られている皆様に、心よりお悔やみとお見舞いを申し上げます。
 被災地においては、地域の皆様などのご努力により、今日まで多くの自治体で復興に向けた取組が進んでおりますが、先日、私自身、日本産の食品に関する輸入規制を導入している国が未だ存在するという話を耳にしました。震災被害の影響の大きさ、根深さ、そして何より震災はまだ終わっていないことを改めて認識したところであります。
 当市においては、やむなく避難して来られた被災者の皆さまへ、生活の一助となればとの考えから上下水道料金の免除などの支援を行ってきました。また、震災以降、小・中学校等における放射線量の測定や給食用食材の放射性物質検査を継続して実施するなど、安心して暮らせるまちづくりに努めてまいりました。
 この11年の間にも、令和元年東日本台風や昨年に発生した熱海の土砂災害など、全国各地で様々な災害が発生し、甚大な被害をもたらしています。このように激甚化する自然災害に対応するため、国土強靭化や防災に関する地域計画に関し、策定・改定を行ったところでございます。
 さらに、新型コロナウイルス感染症対策に関しましても、まさに国と地方が一体となって、引き続き強力に対策を推し進め、活力ある社会を取り戻さなければなりません。
 今後とも、震災の教訓を風化させることなく、後世に引き継いでいくことが私たちに課せられた大きな責務と考え、災害に強い安心・安全なまちづくりの実現に向けて取り組んでまいります。
 結びに、東日本大震災被災地の一日も早い復興を心から願いまして、ご挨拶といたします。

令和4年3月11日
蓮田市長 中野和信

お問い合わせ

所属課室:危機管理課危機管理調整担当

埼玉県蓮田市大字黒浜2799番地1

電話番号:048-768-3111

内線:297