ホーム > 市政情報 > 広聴 > 市政への提案 > 「市長への手紙」の公表(令和元年7月16日~令和元年8月15日受付分)

ここから本文です。

更新日:2019年11月15日

「市長への手紙」の公表(令和元年7月16日~令和元年8月15日受付分)

(件名)広報での放射線量の測定結果の発表は不用です

受付日

令和元年7月22日

手紙の内容

現在放射能は、測定されず安全になり、測定は不用です。オリンピックを控えて外国人に、まだ日本は放射能を計らなければ危険なのかと、心配させるだけです。市民は、全然心配してません。その為測定発表は不用です。その変り、市の車の排気ガスによる空気の汚れを測り発表して下さい。蓮田市は一日、約10万台の車が通過してます。車が出す排気ガスは、約4000万立方メートル有ります。それを、市民は吸ってます。体に良くないのは、当然です。又、車による騒音も大変です。それも調査して発表して下さい。

差出人

樫井靖臣

手紙に対する回答

時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
この度は「市長への手紙」をお寄せいただきありがとうございました。「広報での放射線量の測定結果の発表は不要です」についてお答えいたします。
市は、放射線に関する市民の不安は完全に解消していないものと認識しております。市民生活の安全・安心を確保するため、今後も広報はすだ及び市ホームページにおいて測定結果の公表を継続してまいりますが、現時点での測定値は健康に影響を与える数値ではないため、測定回数の軽減について関係部署と調整し検討してまいります。
自動車の排気ガスの測定につきましては、現在、一酸化炭素をはじめとする大気中の主な汚染物質を環境省及び埼玉県の一般環境測定局において常時監視をしており、市内の測定値はいずれも環境基準を下回っております。また、自動車の騒音につきましては、市内主要道路において測定を行っております。騒音については環境基準を一部達成しておりませんが、相談等が寄せられた場合は、県を含む関係機関に対応を依頼しております。ご指摘のとおり、自動車の排気ガス等による人体への影響は強く懸念されており、一人一人が環境へ配慮した行動をとることが重要だと考えております。市としましては、蓮田市環境基本計画に基づき、アイドリングストップの周知やエコドライブの推進等を広く呼びかけ、意識啓発に努めてまいりますので、ご理解をいただきますようよろしく願いいたします。
今後とも市民参加の市政運営に心がけてまいりますので、ご意見がございましたらご遠慮なくお寄せいただき、市政推進のため一層のご協力をお願い申し上げます。

担当

環境経済部みどり環境課環境担当、総合政策部広報広聴課広報広聴担当

(件名)広報はすだを新聞にする

受付日

令和元年7月26日

手紙の内容

広報はすだを新聞にする。

  1. 毎週(土曜日)発行
  2. 新聞折込にして配布する
  3. 折込み費用は月30万円位掛るが行う

板橋の見本を見て下さい。(別添資料あり)

差出人

樫井靖臣

手紙に対する回答

時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
この度は「市長への手紙」をお寄せいただきありがとうございました。
お寄せいただきました「広報はすだを新聞にする」についてのご意見につきましては、今後の広報はすだ発行業務の参考とさせていただきます。
なお、今後とも市民参加の市政運営に心がけて参りますので、ご意見がございましたらご遠慮なくお寄せいただき、市政推進のため一層のご協力をお願い申し上げます。

担当

総合政策部広報広聴課広報広聴担当

(件名)「あの日のオルガン」上映会について

受付日

令和元年7月30日

手紙の内容

お世話になっております。蓮田市子ども会副会長の菊本と申します。標題の件について当会として次の3点について抗議するものです。

  1. 事前説明の不十分および質問に対する返答がなかったこと。
    →特に終了時間については説明もなく予定がたたず不便いたしました。
  2. 待遇の不適当
    →こちらの意見に耳をかさずだまってやれという対応を受けました。
  3. 職員間での意見の不一致
    →そもそも係わけをしているのに係にまかせず意見もきかずだまってやれという市職員間のぎくしゃくした状態について疑問を禁じえません。

対外的な対応について今後当会としても考えざるをえないものです。
地域振興および職員教育について、申し訳ございませんがご回答願います。

差出人

菊本裕太

手紙に対する回答

時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
この度は「市長への手紙」をお寄せいただきありがとうございました。
さて、この度はお忙しい中、映画「あの日のオルガン」上映会の運営にご協力いただき、誠にありがとうございました。菊本様にご指摘いただきました1.事前の説明が不十分であったこと及び質問に対する返答ができていなかったこと、2.運営スタッフの皆さまへの対応が適切でなかったこと、3.当日会場内にいた市職員間の情報共有が不十分であったために、運営について動きや意見が一致していなかったこと等、イベントの開催期間中に改善に至らなかった部分につきましては、たいへんご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。その他にご指摘いただきましたご内容につきましても、運営に携わった市職員間で共有させていただき、今後のイベント運営や業務に生かしていけるよう努めてまいります。
また、今後も映画「あの日のオルガン」の広報をはじめ、市のPRに行政が一丸となって取り組んでまいりますので、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
なお、今後とも市民参加の市政運営に心がけて参りますので、ご意見がございましたらご遠慮なくお寄せいただき、市政推進のため一層のご協力をお願い申し上げます。

担当

総合政策部広報広聴課広報広聴担当

(件名)久台踏切りを廃止した方が良い

受付日

令和元年8月2日

手紙の内容

久台踏切り(東1丁目)を、廃止した方が良い。
理由

  1. 利用する人が少ない。
  2. 狭く踏板が弱く危険である。
  3. 120メートル側に駅の踏切りが有る

踏切りは少ない方が走行時、JRにとっては、安全で有る。踏切り一カ所の経費は年20万円位掛かると思う。市は既得権を主張するが、JRを利用するのは、市民です。市民にとっては、安全で正確に電車を走らせて貰う為にも、JRに協力をする事も必要です。

差出人

樫井靖臣

手紙に対する回答

時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
この度は「市長への手紙」にお問い合わせをいただきありがとうございました。
樫井様よりご提案がございました「久台踏切りを廃止した方が良い」につきましてお答えいたします。
JR宇都宮線の「久台踏切」につきまして、樫井様より「市長への手紙」を頂いた後、当該踏切を確認いたしましたところ、東口側からも西口側からも利用者はおり、歩行者または自転車を押して渡っている方がいました。以前、「松林踏切」の廃止について回答いたしました件と同様に、「久台踏切」も利用者がいることから有用であり、現時点では廃止の考えはございません。ご理解を賜りますようお願いいたします。
なお、今後とも市民参加の市政運営に心がけて参りますので、ご意見がございましたらご遠慮なくお寄せいただき、市政推進のため一層のご協力をお願い申し上げます。

担当

都市整備部道路課建設担当

(件名)市内開発行為の近隣住民の取り扱いについて

受付日

令和元年8月19日

手紙の内容

私の自宅の前面道路の向側で建築工事が始まろうとしております。
蓮田市開発指導要綱では事業内容の事前説明として事業者が周辺住民、土地・建物所有者へ直接説明し書類にサインをすることが記載されております。私はその説明を事業者から受けておらず、サインもしておりません。以前も同様の質問を蓮田市へしております。しかし、その時は「隣接地ではないので対象外」との回答でした。その建物は施工中及び現在も振動、騒音はひどい状況です。また、別の24稼働倉庫については従業員駐車場が離れていることで夜中でも大きな声で会話しており、起きてしまいます。今回の建物は施工業者より24時間稼働倉庫であることを伺いました。さらに住環境が悪化することが懸念され、このような状況でも私は対象外なのでしょうか。
回答をお願いいたします。

差出人

太田正樹

手紙に対する回答

時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
この度は「市長への手紙」をお寄せいただきありがとうございました。
お問い合わせいただきました「市内開発行為の近隣住民の取り扱いについて」に回答いたします。
市では蓮田市開発行為等指導要綱(以下、「開発指導要綱」という。)を設け、一定規模以上の開発行為等については事業者と市において事前協議を行っております。ご質問のように開発指導要綱では、Ⅰ総則-5事業概要の説明及び紛争の処理の項目で開発区域周辺の方への事業概要の説明をお願いしております。その説明した結果について、事前協議の申請の際、様式7の「開発行為等に関する事業概要説明報告書」の添付を求めております。最近はサインを拒否される方も多いため、説明を受けた方のサインについては必ずしも記載を要するものではない取り扱いをしております。そのかわり説明等に伺った日時、場所等の一覧を頂いているところです。
今回の案件は蓮田市大字井沼字清水531番1他31筆(太田様邸の西側)における開発行為と見受けられますが、太田様邸も説明の対象ということで、事業者から太田様邸へ訪問し資料を配布した旨の報告は受けております。説明が不足しているのであれば再度説明に伺うよう事業者に伝えさせていただきます。
なお、今後とも市民参加の市政運営に心がけて参りますので、ご意見がございましたらご遠慮なくお寄せいただき、市政推進のため一層のご協力をお願い申し上げます。

担当

都市整備部建築指導課開発指導担当

お問い合わせ

所属課室:広報広聴課広報広聴担当

埼玉県蓮田市大字黒浜2799番地1

電話番号:048-768-3111

内線:209