ここから本文です。

安心・安全な街を目指して きらきら蓮田

はすだにお住まいのかたに
伺いました!

 

堺様

蓮田に来て11年になります。蓮田を選んだ決め手はやはり、交通の便の良さですね。電車で都内へ行くにも自動車で出かけるにも、移動にストレスを感じません。
買い物をするにも便利ですし、蓮田を選んで良かったと思っています。
小学生と保育園児の子ども2人がいますが、近くの学童保育所や保育園に預けることで、仕事に専念できています。学校から学童保育所への移動も付添いの人がついているので安心ですね。

 

(堺笑美子さん)(堺和彦さん)

(堺美結ちゃん)(堺美和さん)

 

 

安心・安全宣言

 

蓮田市では「埼玉一」安心・安全な街をめざして、公共施設耐震化事業や放射線測定事業など、さまざまな事業に取り組んでいます。
また、海や山がないため、津波や土砂崩れの心配もありません。過去に遡っても大きな災害に見舞われたこともなく、治安も良いため、日々安心した暮らしを送れます。

もしもに備えて

 

安心・安全メールでは防災行政無線で放送した内容をメールで即配信。また、友好姉妹都市である長野県松川町と相互応援協定を締結するなど、もしもに備え防災体制の整備に全力で取り組んでいます。
また、自主防災組織の育成も支援。防災体制の充実を図り、災害に強い街づくりを行っています。

 

 

子どもをしっかりガード!

 

市内全小中学校の耐震化工事が完了!安全な環境でお子さんの学びをサポートします。
お子さんの防犯対策として、市内の全小中学校で不審者情報等を保護者にメール配信しています。また、通学時には主要な交差点に交通指導員を配置し児童生徒の交通安全に配慮しています。「ゾーン30事業」では、市内一部の区域の最高速度を時速30キロメートルに設定。車道を狭め、路側帯の幅を広げることで、児童の安全を確保します。

 

 

蓮田市定住促進サイト > 安心・安全な街を目指して きらきら蓮田