• 暮らし・防災
  • 子育て
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • まち・環境
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 産業・ビジネス > 観光 > 雅楽谷の森フェスティバル

ここから本文です。

更新日:2017年9月10日

雅楽谷の森フェスティバル

雅楽谷(うたや)の森とは

「雅楽谷(うたや)」とは黒浜沼に続く入り江の奥にある東埼玉病院と黒浜公園一体の谷に面したところを言います。この「雅楽谷」地区では埼玉県の縄文時代後期を代表する遺跡の一である「雅楽谷遺跡」が発掘されました。

また、蓮田市役所に隣接する「黒浜貝塚」は縄文時代前期の群小貝塚で、「黒浜式土器」の標式遺跡・貝塚として著名な遺跡で、平成18年7月には国の指定史跡にもなりました。

そして、「黒浜沼」は、自然がありのままに残されている地域として、平成21年に埼玉県の「緑のトラスト保全地域」に指定されました。

「雅楽谷の森」とは、この「雅楽谷遺跡」「黒浜貝塚」「黒浜沼」の呼称、シンボル名として、フェスティバル実行委員会が名づけたものです。

雅楽谷の森フェスティバルは、「雅楽谷の森を守ろう!広めよう!」をスローガンに、蓮田の誇るべき歴史と文化の継承と、かけがえのない自然の保護を目的として運営されています。

第10回雅楽谷の森フェスティバル

日時

平成30年11月3日(土曜日)文化の日午前9時から午後4時(雨天決行)

場所

蓮田市役所特設広場(入場無料)

イベント内容

蓮田市内の有名飲食店等が一同に会し、テント村を形成します。

また、友好姉妹都市の長野県松川町と宮城県南三陸町からの出店も予定されています。

市内の小中学生によるダンスのパフォーマンス、にゃんたぶうステージのほか、プロの音楽アーティストライブなどが予定されています。

ウタヤのスローガンでもある「雅楽谷の森を守ろう!広めよう!」。そのメインとなるテーマブースです。例年同様、子供たちに大昔の蓮田にタイムスリップしてもらい、縄文時代を存分に楽しんでもらうブースをご用意します。「火起こし体験」「狩猟体験」「勾玉作り黒浜貝塚探検ツアー」など大人から子供まで家族で参加・体験して頂ける企画が満載です。製作、発掘したものは無料でお持ち帰りできるので、帰宅してからも思い出に残ります。

交通案内

当日は大変混雑が予想されますので、お車でのご来場はお控えください。

お車でお越しのかたは、トーモクグランドに駐車して下さい。5分から10分間隔で市役所行きのシャトルバスが運行していますのでご利用ください。

また、蓮田駅からお越しのかたは市役所行きのバスをご利用ください。

主催

「雅楽谷の森フェスティバル」実行委員会((一社)蓮田青年会議所・蓮田市商工会青年部)

電話048-769-1661(実行委員会事務局(蓮田市商工会内))

gazou1

 

gazou2


お問い合わせ

所属課室:商工課商工観光担当

埼玉県蓮田市大字黒浜2799番地1

電話番号:048-768-3111

内線:236