ホーム > 健康・福祉 > 高齢者・介護 > 在宅医療・介護 > 在宅介護教室 > 令和元年度在宅介護教室実施報告

ここから本文です。

更新日:2014年2月3日

令和元年度在宅介護教室実施報告

第1回実施概要

日時

1日目令和元年7月4日(木曜日)午前9時30分~正午

2日目令和元年7月5日(金曜日)午前9時30分~午後0時30分

会場

1日目蓮田市役所305会議室

2日目介護老人保健施設蓮田ナーシングホーム翔裕園

対象 市内在住で両日参加できるかた
参加者 延べ20人
内容

1日目(講義)

  1. 介護保険の利用方法
  2. 高齢者サービスについて
  3. 家で療養生活を送るためのヒント

2日目(実技)

  1. 車イスの操作方法
  2. 安全な移動方法(寝返り、起き上がり、車イスへの移乗)
  3. 衣服の着脱介助、排泄のケア
  4. 食事介助
  5. 介護の心構えの講義
講師

市職員、理学療法士、介護福祉士等

令和元年度第1回在宅介護教室案内チラシ(PDF:390KB)

 

第2回実施概要

日時

1日目令和元年11月13日(水曜日)午前9時30分~正午

2日目令和元年11月14日(木曜日)午前9時30分~午後0時30分

会場

1日目蓮田市役所302会議室

2日目介護老人保健施設蓮田ナーシングホーム翔裕園

対象 市内在住で両日参加できるかた
参加者 延べ16人
内容

1日目(講義)

  1. 介護保険の利用方法
  2. 高齢者サービスについて
  3. 家で療養生活を送るためのヒント

2日目(実技)

  1. 車イスの操作方法
  2. 安全な移動方法(寝返り、起き上がり、車イスへの移乗)
  3. 衣服の着脱介助、排泄のケア
  4. 食事介助
  5. 介護の心構えの講義
講師

市職員、作業療法士、介護福祉士等

令和元年度第2回在宅介護教室案内チラシ(PDF:388KB)

 

1日目 講義の様子

令和元年度1日目講義の様子

1日目は講義形式で介護保険の利用方法、高齢者の福祉サービス、家で療養生活を送るためのヒントについてお話しました。参加者からアンケートに寄せられたご意見を紹介します。

  • いざという時に相談する場所や、申請の仕方がわかりました。
  • 在宅のサポートが充実しているのがよくわかりました。
  • 実際、介護にかかわることはありませんが、勉強する機会がなかったので、今日はとても勉強になりました。

 

2日目 介護実習の様子

令和元年度在宅介護教室実習デモンストレーション

理学療法士によるデモンストレーションの様子

令和元年度在宅介護教室実習車いす介助

車いすへの移乗の様子

令和元年度在宅介護教室実習排せつ介助

排せつ介助の様子

 

令和元年度在宅介護教室介護食

食事形態別介護食

 

2日目介護実習

2日目は、介護実習を中心として、車いすの使い方や安全な移動方法、衣服の着脱、排せつケア等について理学療法士または作業療法士、介護福祉士の指導のもと、介護する人と介護される人、両方の立場を体験しました。参加者からアンケートに寄せられたご意見を紹介いたします。

  • 実習させていただいた事、すべて参考になりました。衣服の着脱は良い経験になりました。コツが大事ということを覚えられました。
  • 見る、聞くとは大変な違いでした。
  • 兄が介護施設へ入所したので、見舞いに行った時、介護をしていますが、食べさせたり、散歩を車椅子でつれて行ったりする時、今日教わったことが活かせるので、とてもよかったです。

 

アンケート結果より抜粋(参加実人員22名)

令和元年度在宅介護教室参加者年齢

参加者の年齢は、70代のかたが6人(35%)、60代のかたが4人(23%)、50代と80代がともに3人(18%)でした。

令和元年度在宅介護教室介護保険利用方法

介護保険の利用方法については、参考になった9人(57%)、とても参考になった5人(31%)でした。

令和元年度在宅介護教室高齢者福祉サービス

高齢者福祉サービスについては、とても参考になった16人(84%)、参考になった3人(16%)でした。

令和元年度在宅介護教室療養生活のヒント

家で療養生活を送るためのヒントは、参考になった9人(57%)、とても参考になった4人(25%)でした。

令和元年度在宅介護教室車いす実習

車いすの実習については、とても参考になった14人(74%)、参考になった5人(26%)でした。

令和元年度在宅介護教室衣服の着脱

衣服の着脱については、とても参考になった16人(84%)、参考になった3人(16%)でした。

令和元年度在宅介護教室介護の状況

現在の介護の状況は、「現在、家族を介護している」5人、「家族を介護する予定がある」4人、「今までに介護を経験した」3人でした。

令和元年度在宅介護教室地域貢献について

介護を通して地域に貢献したいですかについては、余裕ができたら貢献してみたい12人(63%)、ぜひ、貢献しえてみたい4人(21%)、考えていない2人(11%)でした。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:在宅医療介護課医療介護連携担当

埼玉県蓮田市大字黒浜2799番地1

電話番号:048-768-3111

内線:197