• 暮らし・防災
  • 子育て
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • まち・環境
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ここから本文です。

更新日:2018年10月11日

閏戸の式三番

参拝

お参り

千歳

千歳(せんざい)

翁

(おきな)

揉みの段

三番叟(さんばそう):揉(も)みの段(写真は烏(からす)飛びの場面)

鈴の段

三番叟:鈴の段

概要

式三番は、能楽の「翁(おきな)」から起こったもので「豊年を祈り」、「繁栄を祝う」めでたい舞で、白い面の翁と千歳(せんざい)と、黒い翁面をつけた三番叟(さんばそう)とが、次々に舞います。はじめに、翁が出て儀礼的・呪術的な舞を行い、その後に三番叟が、くだけた調子で面白く演じ、わかりやすく説明して見せます。

豊年や繁栄を願うものにふさわしく、種まきや鳥飛びなどが舞の中に含まれています。翁芸は能楽の中でも特に神聖視される舞で、種々な形で神事や芸能として伝承されています。

毎年10月第2土曜日(平成10年以前は10月14日)の鎮守愛宕(あたご)神社の秋祭りに行われます。昭和30年11月1日、埼玉県指定無形民俗文化財(昭和52年3月29日指定替え)、昭和47年8月5日に国の記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財」(選択無形民俗文化財)指定されている県内唯一の「式三番」です。

由来

地元の伝承以外に式三番の由来を伝えるものは残っていませんが、それによると「宝永年間(1704年~1710年)に閏戸の秀源寺(しゅうげんじ)の僧が、愛宕明神(あたごみょうじん)を祀ったとき、五能三番の舞を復活した」といい伝えられています。

座席順

座席順は舞台に向かって右側奥に翁、その手前に千歳、これに対座して翁の真向かいに三番叟、その手前にやや下がって足つけ(前に三番叟の役をやった人)、大鼓(おおづつみ)が並びます。翁、千歳の後にも各々の親(先代)が座ります。

舞台の正面奥の囃子座(はやしざ)には向かって左側から小鼓(こづつみ)、頭取、小鼓、笛の順に並び、黒幕の後ろに地謡(じうたい)が位置します。

舞の順序

閏戸の式三番は、次のように進んでいきます。

  1. 囃子が始まり翁と地謡の謡となる。翁は座ったまま、地謡は黒幕の後ろにいて謡う。
  2. 「鳴るは滝の水…」と謡いながら千歳が登場し、千歳の舞が始まる。
  3. 千歳の舞が終わると、翁と地謡の謡となる。その後、翁が立ち上がり歩き出すと、同時に三番叟も立って歩き出し、両者向かい合って一礼する。
  4. 一礼の後、三番叟は元の座に戻るが、翁は正面に進み出て舞い始める。
  5. 翁の舞が終了すると、大鼓が登場する。
  6. 三番叟が立ち上がり、舞い始める(このとき、面はつけていない)。
  7. 素面の舞が終わり、いったん座に戻った三番叟が面をつけて再登場する。千歳も再登場し、舞台正面で両者の問答となる。
  8. 問答が終わり、千歳から鈴を受け取った三番叟が、再び舞を始める(鈴の段という)。
  9. 面をつけた三番叟の舞が終了とともに、式三番は終わる。

文化財情報サイトの閏戸の式三番映像(外部サイトへリンク)

構成

式三番を行う人たちは、閏戸の若衆(わかしゅう)といわれている人たちです。若衆というのは各家の総領である20歳位から45歳(過去には42歳でしたが、後継者確保のために変更されました)までの男子で構成されています。しかし、現在では構成員の確保が難しいので、総領というのは要件になっていません。

千歳、翁、三番叟や、笛、大鼓、小鼓の人たちを役者と呼び、その他の若衆は地謡にまわります。また、先代の役者を親、先々代をオジイサンと呼びます。親は役者の指導に当たり、立役(翁・千歳・三番叟)の親は当日舞台に控えて介添え役をしますが、千歳の親は面さばき、三番叟の親は足つけと称します。

役者に支障があって出られないときは、親が代わりに演じます。

面について

式三番では、2種類の翁面が使用されます。

翁がつける面は、白色尉(はくしきじょう)といって、天下太平を象徴するものです。この面は、切り顎が特徴で、長寿・福徳の神を人の姿に表現したものといわれ神聖視されています。

対して、三番叟がつけるものは、黒色尉(こくしきじょう)といって、五穀豊穣を表しています。この面の特徴は、名前が示すように色が黒いことです。また、白色尉と同様に切り顎になっています。三番叟(黒色尉)は式三番独特のもので、最後に舞う田の神で、野趣にあふれた翁となっています。

奉納当日の流れ

10月の第2土曜日が奉納の日となります。

なお、台風等の荒天でなければ、雨天でも行います。

18時

演者が愛宕神社にお参りをします。


18時30分頃

舞の開始となります。

舞は1時間ほどで終了します。

お問い合わせ

所属課室:社会教育課文化財保護担当

埼玉県蓮田市大字黒浜2799番地1

電話番号:048-768-3111

内線:162