ホーム > 健康・福祉 > 高齢者・介護 > 地域包括支援センター > 認知症サポーター養成講座

ここから本文です。

更新日:2020年9月30日

認知症サポーター養成講座

認知症サポーターとは

なにか特別なことをする人ではありません。認知症について正しく理解し、偏見をもたず、認知症の人や家族を温かく見守る応援者として、自分のできる範囲で活動します。認知症を自分自身の問題と認識し、友人や家族に学んだ知識を伝えること、認知症の人やその家族の気持ちを理解しようと努めることもサポーターの活動です。

認知症サポーターになるには

「認知症サポーター養成講座」を受講した人が「認知症サポーター」となり、「認知症の人を支援します」という意思を示す目印の「オレンジリング」が渡されます。

講座の内容

  • 認知症の症状、治療、予防について
  • 認知症の人への接し方
  • 認知症の人の気持ち、家族の気持ち
  • サポーターのできること

「認知症サポーター養成講座」を開いてみませんか

自治会やサロン、サークル活動、ボランティア団体、企業など、ご希望の場所に出向いて講座を行います。講座についてはキャラバン・メイト(所定の研修を受講をし、登録をしている講師)が担当します。

申込書(PDF:83KB)

 

年1回市民のみなさまを対象に認知症サポーター養成講座を開催しています。

令和2年度市民向け認知症サポーター養成講座開催について

実施概要

日時 令和2年11月10日(火曜日)午後1時30分から3時(受付午後1時から)
場所 蓮田市役所西棟第3・4会議室
対象 市内在住・在勤のかた
講師

医療法人社団心の絆蓮田よつば病院

稲橋秀樹氏(QOL推進部部長)

内容

認知症に関する理解と知識を持ち、認知症の人や家族を温かく見守る

応援者である「認知症サポーター」を養成する講座。

費用 無料
定員

20人

申し込み

10月30日(金曜日)までに電話または来所にてお申込みください。

※お申込みの際に新型コロナウイルス感染拡大防止のためのお願いをさせていただきます。

 

認知症の相談

地域包括支援センターでは、「認知症地域支援推進員」を配置し認知症の個別相談を随時お受けしています。認知症地域支援推進員は蓮田市地域包括支援センター、蓮田市閏戸・平野地域包括支援センターそれぞれに1名ずつ配置しております。ご相談がございましたら、お気軽に電話、窓口にてご相談ください。

問合せ

在宅医療介護課地域包括支援センター(電話)048-768-3111(内線198)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:在宅医療介護課地域包括支援センター

埼玉県蓮田市大字黒浜2799番地1

電話番号:048-768-3111

内線:198