ホーム > 産業・ビジネス > 入札・契約 > 最低制限価格について

ここから本文です。

更新日:2023年11月27日

最低制限価格について

最低制限価格制度とは

契約の内容に適合した履行を確保するため、あらかじめ最低制限価格を設けて、最低制限価格を下回る価格の入札をした者を失格とし、予定価格の制限の範囲内の価格で最低制限価格以上の入札をした者のうち最低の価格の入札をした者を落札者とする制度です。

建設工事にかかる最低制限価格

〇適用範囲

蓮田市が発注する工事に係る競争入札のうち、設計金額が130万円を超えるものとします。ただし、次の各号に定めるものを除きます。

  1. 単価契約による入札
  2. 総合評価方式による入札

 

業務委託にかかる最低制限価格(令和6年4月1日施行)

業務委託については、令和6年4月1日以降に開札される入札から、最低制限価格を設定します。

 

〇適用範囲

蓮田市が発注する建設工事に係る設計・監理・調査・測量に関する業務委託で、一般競争入札及び指名競争入札に係る案件のうち、設計金額が50万円を超えるものとします。

 

 

最低制限価格の公表

最低制限価格は、入札後に埼玉県入札情報公開システム内で公表します。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:契約検査課契約検査担当

埼玉県蓮田市大字黒浜2799番地1

電話番号:048-768-3111

内線:281