ここから本文です。

更新日:2020年6月22日

熱中症にご注意を

6月に入り暑い日が多くなってきました。こんな日に気を付けなくてはならないのは熱中症です。

体が気温の上昇に慣れていないため、真夏でなくても熱中症になることがあります。

熱中症による死亡事故は毎年発生しています。しかし、熱中症は気を付けていれば十分に防ぐことができます。

一人ひとりが熱中症予防の正しい知識を持ち、自分の体調の変化に気を付けるとともに、周囲の人にも気を配り、早い時期から熱中症予防を呼びかけ合いましょう。

どうして熱中症になるの?

私たちの身体は、血管を広げて外気に体内の熱を放出したり、汗をかいて蒸発させたりして体温を低下させ、体温の異常な上昇を防ぎます。

しかし、外気の気温が高いと体内の熱を放出させることができず、また、湿度が高いと汗が蒸発しないため、熱中症になりやすくなります。

熱中症は外で直射日光を浴びていなくても、気づかないうちに室内でもかかってしまいます。

熱中症予防5つのポイント

1.高齢者は上手にエアコンを

高齢者や持病のある方は、暑さで徐々に体力が低下し、室内でも熱中症になることがあります

節電中でも上手にエアコンを使っていきましょう。

周りの方も、高齢者のいる部屋の温度に気を付けてください。

2.暑くなる日は要注意

熱中症は、暑い環境に長時間さらされることにより発症します。

特に、梅雨明けで急に暑くなる日は、体が暑さに慣れていないため要注意です。

また、夏の猛暑日も注意が必要です。湿度が高いと体からの汗の蒸発が妨げられ、体温が上昇しやすくなってしまいます。猛暑の時は、エアコンの効いた室内など、早めに涼しいところに避難しましょう。

3.水分はこまめに補給

のどが渇く前に水分を補給しましょう。

汗には塩分が含まれています。大量の汗をかいたら、水分とともに塩分も取りましょう。

ビールなどアルコールを含む飲料は、かえって体内の水分を出してしまうため水分の補給にはならず、逆に危険です。

また、高齢者は暑さやのどの渇きを感じにくい傾向がありますので、こまめに水分を補給しましょう。

寝る前も忘れずに!

4.「おかしい!?」と思ったら病院へ

熱中症は、めまい、頭痛、吐き気、倦怠感などの症状から、ひどいときには意識を失い、命が危険になることもあります。

「おかしい」と思ったら、涼しいところに避難し、医療機関に相談しましょう。

5.周りの人にも気配りを

自分のことだけでなく、ご近所で声を掛け合うなど、周りの人の体調にも気を配りましょう。

スポーツやお祭りなど、行事を実施する時は、気温や参加者の体調を考慮して熱中症を防ぎましょう。

「熱中症予防5つのポイント」のリーフレット(詳細版)(PDF:2,631KB)

「熱中症予防5つのポイント」のリーフレット(簡略版)(PDF:2,504KB)

 

新型コロナウイルス感染症流行期における「熱中症予防3つの備え」

 

「熱中症予防3つの備え」のリーフレット(外部サイトへリンク)

 

こんな症状があったら医療機関に相談しましょう

軽度

めまい、立ちくらみ、筋肉痛、汗がとまらない

中等度

頭痛、吐き気、体がだるい(倦怠感)、虚脱感

重度

意識がない、けいれん、高い体温である、呼びかけに対し返事がおかしい、まっすぐに歩けない

お近くの医療機関が分からない時は

受診可能な医療機関をご案内しています。(医療機関の案内のみとなります。相談は対応していません。歯科・精神科は案内していません。)

埼玉県救急電話相談(365日、24時間対応)

#7119(ダイヤル回線、IP電話、PHS、都県境でのご利用は048-824-4199)


 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康増進課管理担当

埼玉県蓮田市大字黒浜2799番地1

電話番号:048-768-3111

内線:141