ホーム > 市政情報 > 広聴 > 市政への提案 > 「市長への手紙」の公表(令和5年11月16日~令和5年12月15日受付分)

ここから本文です。

更新日:2024年2月10日

「市長への手紙」の公表(令和5年11月16日~令和5年12月15日受付分)

(件名)高齢者の方の転倒について。

受付日

令和5年11月27日

手紙の内容

この1?2ヶ月の間に道で高齢者の方が道路で転倒されている場に遭遇し救助させて頂いたのですが(別日、別の場所で2名)どちらの方も杖とお年寄りがよく使われている買い物したものを入れる車のついた台車を使われており道の段差のところで転倒されていました。高齢者の方は普通に歩いていても転倒しやすいので道路と歩道の段差の改修工事をしてあげて欲しいです。1名の方の時は救急車を手配し、もう一名の方は近くまで介助して付き
添わせて頂きました。高齢者の方が歩いて安全な道路の改修を早急にお願いしたいです。2名とも意識はあったので良かったですがその転倒で頭を打たれたり車に轢かれたり最悪の事態もありえるので市長様には早急に動いて頂きたいと思いメールさせて頂きました。
安心安全な高齢者の生活ができるよう宜しくお願いします。

差出人

青木美和

手紙に対する回答

時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
この度は「市長への手紙」をお寄せいただきありがとうございました。
青木様からお手紙のありました「高齢者の方の転倒について」、お答え申し上げます。
市が管理いたします道路におきまして、高齢者の方が段差のところで転倒され、怪我をされたことにつきまして、誠に残念に思います。ご連絡を受けまして、担当職員が現地を確認したところ、横断歩道と縁石のところに段差がありましたが、これは視覚障がい者の方が白杖や足で歩道と車道が認知できるようにしたものでございました。
これからの道路整備につきましては、高齢者や小さな子供、身体障がい者の方はもちろん、皆様にも歩きやすい歩道として参ります。
なお、今後とも市民参加の市政運営に心がけて参りますので、ご意見がございましたらご遠慮なくお寄せいただき、市政推進のため一層のご協力をお願い申し上げます。

担当

都市整備部道路課維持補修担当

(件名)「録音してます」の説明は不用」です。について

受付日

令和5年12月4日

手紙の内容

市へ(768-3111)へ電話をすると「この電話は録音してます。」と説明が、30秒位有りますが、不用です。

すぐに繋ぐべきです。

録音してる事は、広報で告知すれば良い。この録音した方が、市民の為になると

提案されて実行したと思いますが、提案書を、見せて下さい。

差出人

樫井靖臣

手紙に対する回答

時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
この度は「市長への手紙」をお寄せいただきありがとうございました。
さて、電話通信の録音の事前説明について、ご不便をおかけしまして申し訳ございません。
電話通信の録音につきましては、通信内容の確認と行政サービスの向上を目的として、令和5年8月21日から運用を開始しております。録音につきましては、すでに広報はすだや市ホームページで周知しているところですが、録音されることを知らずに市役所に電話をかける方もいらっしゃることから、事前説明をさせていただいております。また、事前説明を行うことによって犯罪の抑止にも繋がる効果があると考えます。
市といたしましては、録音の事前説明は、必要であると考えますので、ご理解賜りますようお願い申し上げます。
今後とも市民参加の市政運営に心がけて参りますので、ご意見がございましたらご遠慮なくお寄せいただき、市政推進のため一層のご協力をお願い申し上げます。

担当

総務部庶務課管財担当

お問い合わせ

所属課室:広報広聴課広報広聴担当

埼玉県蓮田市大字黒浜2799番地1

電話番号:048-768-3111

内線:209