• 暮らし・防災
  • 子育て
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • まち・環境
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 育児休業中における在園児の保育の継続利用について

ここから本文です。

更新日:2015年4月5日

育児休業中における在園児の保育の継続利用について

平成27年度から、児童の保護者が育児休業を取得した際の保育の継続利用の取り扱いについて、下記のとおり変更したので、お知らせします。

変更内容

変更前

育児休業の取得により保護者が在宅の場合は、原則退園(育児休業開始日の属する月の末日で退園)。ただし、満3歳以上(育児休業開始月の初日の年齢)の在園児は、児童福祉の観点(環境の変化に留意するため)から保育の継続利用が可能。

変更後

年齢にかかわらず、育児休業期間中は保育の継続利用が可能。

継続利用の手続きについて

保育の継続利用を希望される場合は、継続利用の手続きが必要となります。

育児休業開始日の1ヶ月前までに市役所子ども支援課(公立保育園に在園しているかたは、在園保育園)へ申請書を提出してください。

育児休業中における在園児の保育の継続利用申請書(PDF:96KB)

保育必要量の区分について

育児休業中の保育必要量は、保育短時間認定(保育の利用時間:最長8時間)となります。育児休業の開始前に保育標準時間認定(保育の利用時間:最長11時間)を受けていたかたは、育児休業の開始日から認定(保育の利用時間)が変更となります。なお、月の途中で認定が変更となるかたの保育料は、翌月から変更となります。

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:保育課保育担当

埼玉県蓮田市大字黒浜2799番地1

電話番号:048-768-3111

内線:159