ここから本文です。

更新日:2020年7月16日

消費生活相談の実績

令和元年度消費生活相談状況

年代別

20歳未満

20歳代

30歳代

40歳代

50歳代

60歳代

70歳代

80歳以上

不明

合計

人数

4人

16人

23人

48人

51人

79人

139人

46人

18人

424人

比率

1%

4%

5%

11%

12%

19%

33%

11%

4%

100%

令和元年度消費生活相談内訳

第1位:架空請求など(119件)

  • 身に覚えのない請求、無料のはずが費用請求、など
  • はがきやメールによる架空請求がなくなりません

第2位:通信関係(61件)

  • 携帯電話・光通信(〇〇光)・プロバイダの契約、など
  • 大手通信業者を名乗って電話勧誘されるケースが多いです

第3位:債務(50件)

  • 借金・多重債務・オーバーローン、など
  • 弁護士事務所から督促通知が届いた、など

第4位:工事関係(30件)

  • 塗装工事・自宅新築工事・リフォーム・防蟻工事、など
  • 火災保険で実質0円で修理工事ができるという相談が増えています

第5位:通信販売(28件)

  • 定期購入、通信販売全般のトラブル、など
  • お試し500円などの広告で購入したら定期購入になっていたという相談が多発しています

お問い合わせ

所属課室:商工課消費生活担当

埼玉県蓮田市大字黒浜2799番地1

電話番号:048-768-3111

内線:235