ホーム > 暮らし・防災 > 消防 > 消防組織 > 蓮田市消防本部の沿革 > 蓮田市消防本部の沿革(平成30年代)

ここから本文です。

更新日:2020年4月27日

蓮田市消防本部の沿革(平成30年代)

平成30年

2月

消防署高規格救急自動車を更新する。

3月

消防長前田淳一氏に消防庁長官より永年勤続功労賞が授与される。

第41回救急救命士国家試験に1名合格する。

消防職員5名退職する。

4月

消防職員3名採用し、実員91名(消防吏員91名・再任用4名)となる。

17代目消防長に齋藤交司氏が就任する。

5月

株式会社セイコーアドバンスより、広報活動用軽乗用車(ワゴンR)1台、アンプ・スピーカーシステム1式寄贈される。

8月

株式会社セイコーアドバンスより、資機材搬送車1台寄贈される。

蓮田市において九都県市合同防災訓練が実施される。

平成31年(令和元年)

2月

消防署消防ポンプ自動車を更新する。

3月

消防団団長伊勢谷正和氏に消防庁長官より永年功労章が授与される。

消防団副団長関根守男氏に消防庁長官より永年勤続功労章が授与される。

第42回救急救命士国家試験に2名合格する。

消防職員3名退職する。

4月

消防職員4名採用し、実員92名(消防吏員92名・再任用2名)となる。

第40回救急救命士国家資格合格者の採用により救急救命士が26名となる。

お問い合わせ

所属課室:消防課庶務係

埼玉県蓮田市閏戸178番地1

電話番号:048-768-1020