ホーム > 子育て > 妊娠・出産 > 妊婦健康診査

ここから本文です。

更新日:2022年4月1日

妊婦健康診査

妊娠がわかったら

早めに医療機関を受診し、妊娠届を提出しましょう。

母子健康手帳や妊婦健康診査助成券を受け取ることが出来ます。
<窓口>市役所子ども支援課、蓮田駅西口子育て世代包括支援センター平野連絡所

妊婦健康診査を必ず受診しましょう。

おなかの赤ちゃんの発育状態や、お母さんの健康状態を確認するため、身体測定や血圧測定、尿検査、血液検査はとても大切です。

妊娠中、特に気を付けたいのは、貧血や妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病などです。おなかの中の赤ちゃんの発育や、お母さんの健康に大きく影響します。

お母さんと、生まれてくる赤ちゃんの健康を守るためにも、4週間に1回(妊娠24週以降は2週間に1回、36週以降は週1回)、妊婦健康診査を受診しましょう。

妊婦健康診査助成券

内容

  • 妊婦健康診査助成券14回分(基本的な妊婦健康診査、血液検査、風しん抗体検査、B型肝炎抗体検査、C型肝炎抗体検査、超音波検査、GBS検査等)
  • 子宮頸がん検診助成券
  • HIV抗体検査助成券
  • 性器クラミジア検査助成券
  • HTLV-1抗体検査助成券

妊婦健康診査助成券は一部公費負担となっておりますので、公費負担分を超える健診費用については自己負担となります。

対象

  • 蓮田市に住民登録のある妊婦のかた

交付方法

  • 母子健康手帳の交付と同時に受け取ることができます。
  • 他市町村にて妊娠届出書を提出された後、蓮田市に転入されたかたは、市役所子ども支援課窓口、蓮田駅西口子育て世代包括支援センターにて手続きが必要になります。母子健康手帳と、他市町村で交付されている妊婦健康診査の受診票と助成券をお持ちください。

 

里帰りなどで助成券を利用できない医療機関等で妊婦健康診査を受けるかた

里帰りなどで、妊婦健康診査助成券を利用できない医療機関等で妊婦健康診査を受けられた方に、健診費用の一部を助成します。

ただし、健診費用が全額無料となるわけではありません。

対象となるかた

妊婦健康診査の受診日において、蓮田市に住民登録があるかた

市の委託医療機関以外の医療機関又は助産所で受診したかた(日本国内に限る)

 

申請方法

「蓮田市妊婦健康診査助成金交付申請書」及び「蓮田市妊婦健康診査助成金請求書」に記入。

持ち物

  1. 母子健康手帳
  2. 使用しなかった妊婦健康診査助成券
  3. 妊婦健康診査の領収書及び明細書
  4. 印鑑
  5. 妊婦本人名義の通帳または口座のわかるもの

(注意)助成券及び領収書を紛失された場合は、助成金の交付はできませんので、紛失しないように保管をお願いします。

申請先

子ども支援課

蓮田駅西口子育て世代包括支援センター

申請期日

出産日より1年以内

 

関連コンテンツ

母子健康手帳

 

お問い合わせ

所属課室:子ども支援課子どもの健康担当

埼玉県蓮田市大字黒浜2799番地1

電話番号:048-768-3111

内線:151