ここから本文です。

更新日:2022年6月13日

広報はすだ2022年6月号・特殊詐欺にご注意!

令和4年1月から4月までの間に、市内で、特殊詐欺の被害が11件発生しました。特殊詐欺の電話は、息子や娘、警察、自治体職員をかたり、電話をかけてきます。

次のような言葉は詐欺です。今すぐ、110番してください。

「カバンを失くしてしまったのでお金が必要」

「会社の書類を失くしたのでお金が必要」

「税金の還付があるので口座番号を教えて」

「あなたの銀行口座が悪用されているので通帳を預かりたい」

被害に遭わないための3か条

1知らない人や電話番号にはでない!

2暗証番号は誰にも教えない!

3キャッシュカードは誰にも渡さない!

代表的な特殊詐欺の手口

オレオレ詐欺

電話などで親族を装い、「喉の病気で声が変わった。重要な書類や会社の通帳を失くしたので今日中にお金が必要」などと言って現金を要求されます。

キャッシュカードを交付させる詐欺

金融機関を装い、「キャッシュカードが古いので切り替える必要がある」などと言って自宅を訪れキャッシュカードの交換を要求されます。

問合せ

岩槻警察署(電話)757-0110、市危機管理課危機管理調整担当(電話)048-768-3111(内線)297

お問い合わせ

所属課室:広報広聴課広報広聴担当

埼玉県蓮田市大字黒浜2799番地1

電話番号:048-768-3111

内線:215