ホーム > 市政情報 > 広報 > 広報 はすだ > 広報はすだテキスト版 > 広報はすだテキスト版(2022年6月号) > 広報はすだ2022年6月号・特集(新市長に聞く人と自然を思いやるまちづくり)

ここから本文です。

更新日:2022年6月13日

広報はすだ2022年6月号・特集(新市長に聞く人と自然を思いやるまちづくり)

市長の職に就いた責任を日々感じています

たくまん

市長の職に就かれて、今どんなお気持ちですか。

市長

市長の職に就き、責任の重大さを感じています。市民の皆さん一人ひとりの思いを受け止め、どうすれば多くの要望に応えられるか、日々考えております。そして、前市長がこれまで築き上げてきたまちづくりの一段上を目指し、全力で市政運営に取り組んでまいる所存です。

たくまん

山口市長は、蓮田市議会議員、埼玉県議会議員のご経験がありますね。

市長

市議会議員として5期20年、市政に携わっていました。その後、埼玉県議会議員として3年県政に携わりました。市議時代には、市民目線の要望を市政に反映させる力を培いました。また、県議を経験したことで、国・県・市が連携していくことがいかにたいせつであるか身に染みて分かりました。それを最大限に生かした政策を行っていきます。

たくまん

山口市長の市政運営の方針を聞かせてください。

市長

市民の声に耳を傾け、安心で安全な暮らしを守り、文化を育てる「蓮田共生」のまちづくりを行うことです。一つ一つ、自身が気づいたことや市民の皆さんから気づかせていただいたことに取り組んでいきます。

たくまん

市民の皆さんの意見を聞くためにどのようなことを行いますか。

市長

直接、市長が市民の皆さんの声を聴く機会を作りたいです。要望がストレートに届く市長を目指します。

たくまん

市長へ市民の声をダイレクトに届けることのできる良い機会になりそうですね。

市長

行政の実務経験がありませんので、分からないことを分からないままにせず、担当部署に行って、職員とともに考えていきたいです。

基本政策について

たくまん

山口市長の基本政策について教えてください。

市長

私の基本政策は、「居心地のよい住環境の整備」「誰もがいきいきと暮らせる福祉の充実」「地球温暖化対策と豊かな自然環境の維持」「立地を生かした農業、商工業の発展」「教育・文化・スポーツ・地域力の向上」「新型コロナウイルス感染症対策の推進」です。

たくまん

「居心地のよい住環境の整備」ですが、地下鉄7号線蓮田延伸の早期実現について、市は毎年、「地下鉄7号線建設誘致期成同盟会」を通じて、国会議員や国、県などの関係機関に要望書の提出などの活動を行っていますね。

市長

地下鉄7号線の延伸により蓮田駅はターミナル駅としてさらなる魅力向上が見込まれます。清水勇人さいたま市長は、令和5年度に鉄道事業者へ事業実施の要請を行うと表明しており、大野元裕埼玉県知事は「岩槻延伸の早期実現を果たし、蓮田延伸も含め、皆様に協力をお願いしたい」と発言しています。両者と協力して蓮田延伸の早期実現に尽力します。市民の皆さんの利便性向上につながる取組みを進め、住みよいまちづくりを行います。

たくまん

次に、「誰もがいきいきと暮らせる福祉の充実」とは、具体的にどのようなものですか。

市長

どの世代の人たちも取り残さない体制作りを目指します。最優先に、保育園・学童保育所の待機児童解消に取り組みます。また、病児・病後児保育の充実や障がい児・医療的ケア児について支援の手を差し伸べる必要があると考えています。高齢者の暮らしの支援ですが、住み慣れた地域で暮らしていくことを希望する高齢者のかたは多いです。いつまでも蓮田市でいきいきと暮らせるように、在宅医療・在宅介護の包括的な支援体制作り、その向上に取り組みます。

たくまん

次に、「地球温暖化対策と豊かな自然環境の維持」について、どのようなことを行いますか。

市長

地球環境に配慮した取組みを推進します。また、蓮田市は、駅前は開発が進み都会的な雰囲気がありますが、少し離れると、緑がたくさん広がっています。さいたま緑のトラスト保全第11号地の黒浜沼や山ノ神沼がありますので、これらの水辺空間や緑地空間の保全と活用を積極的に行います。公園化や整備を進め、更に親しみを持ってもらえる場所にしていきたいです。

たくまん

次に、「立地を生かした農業、商工業の発展」について教えてください。

市長

4月24日に東北自動車道蓮田サービスエリア(上り線)にスマートインターチェンジが開通しました。スマートインターチェンジを活用し、農商工連携事業の活性化につなげたいです。そして今後は、宇都宮方面への入口の整備と東京方面からの出口の移設を行い、フルインター化を目指します。また、高虫西部地区産業団地の整備を推進します。優れた立地条件を生かし、周辺環境と調和する良好な工業、物流拠点の形成を目指します。

たくまん

「教育・文化・スポーツ・地域力の向上」とは、どのようなことですか。

市長

蓮田市の小・中学校の学力は県内上位で、これはとてもすばらしいことです。学校教育の更なる充実を図るとともに学校施設の大規模改修を進めます。また、私は、保育園や幼稚園等から、小学校低学年にかけての学びの連続性が重要だと考えているので、切れ目のない教育に力を入れていきます。また、ハストピア(総合文化会館)でのイベントを充実させるとともに、スポーツ活動だけでなく災害時など多目的に活用できる施設として、パルシー(総合市民体育館)とサブアリーナの一体整備を進めます。

たくまん

「新型コロナウイルス感染症対策の推進」について教えてください。

市長

新型コロナウイルス感染症新規感染者数は減少傾向にありますが、いまだ収束は見えない状況が続いています。ワクチン接種については、接種を希望される全てのかたが、安全に速やかに接種できるよう、医療機関などと連携を図りながら、着実に進めてまいります。

人が生きている限り、まちづくりに終わりはありません

たくまん

市政運営への熱意を感じました。これから市長として多忙な日が続きますが、どのようにリフレッシュしていきますか。

市長

昔は演劇をしていましたので、演劇鑑賞でリフレッシュをしていきたいと思います。

たくまん

好きな言葉があれば教えてください。

市長

「花には水、人には言葉」です。花が育つには水が必要なように、人が明るく生きていくには温かい言葉が必要という意味です。学校の先生がおっしゃっていた言葉です。

たくまん

最後に、市民の皆さんへのメッセージをお願いします。

市長

私の信条は、「人と自然を思いやる」です。人と人とを思いやり、助け合い、しっかりと前を向いて良いまちづくり、ひとづくりを私とともに進めてまいりましょう。がんばりますので、よろしくお願いいたします。

編集

広報広聴課広報広聴担当(電話)048-768-3111(内線)215

お問い合わせ

所属課室:広報広聴課広報広聴担当

埼玉県蓮田市大字黒浜2799番地1

電話番号:048-768-3111

内線:215