ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 障がい者福祉 > ヘルプカードを配布しています

ここから本文です。

更新日:2018年9月14日

ヘルプカードを配布しています

ヘルプカードとは

ヘルプカードとは、障害のある人や高齢者などが、災害時や緊急時など困ったときに、必要な支援や配慮を周囲の人にお願いするためのカードです。

ヘルプカード表面

どのようなときに使うのか

次のようなときに、周囲の人にカードを提示して、支援や配慮を求めるために使います。

  • 日常生活(普段の生活)の中で、困ったとき、何か手助けしてほしいとき。
  • 緊急時(パニックや病気などの発作のとき)に、家族などに連絡してほしいとき、手助けしてほしいとき。
  • 災害時に、避難所などで困ったとき、手助けしてほしいとき。

何を記入するの、どのように使うの

カードには、困ったときに支援してほしいことや、配慮してほしいことを記入してください。他人に知られたくないことは記入する必要はありません。

カードは、普段から持ち歩いて、災害時や緊急時など困ったときに、周りの人に示し、手助けを求めます。

配布場所

福祉課窓口(市役所1階)で配布しています。

また、こちらからもダウンロードできますので、印刷してご利用ください。

ヘルプカード(PDF:543KB)

障がいのある人などが困っていたら、ヘルプカードをみかけたら

障がいのある人や高齢者の中には、自分から困ったことや、助けてほしいことを伝えられない人がいます。

また、このカードをみたら、思いやりのある行動をお願いします。ヘルプカードには、手助けしてもらいたいことや、配慮してほしいことが書いてあります。

障がいのある人や高齢者が困っているのを見かけたら、

  1. 「どうしましたか」と声をかけましょう。
  2. 相手に伝わっているか確認しながら、ゆっくり話しましょう。
  3. ヘルプカードを持っていたら、カードを受け取り、中を確認してください。
  4. カードに書いてあることや相手の意向を確認してください。
  5. カードに書いてある内容に合った支援や配慮をお願いします。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:福祉課障害福祉担当

埼玉県蓮田市大字黒浜2799番地1

電話番号:048-768-3111

内線:182